究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ラルチザン】モン ニュメロ10(ベルトラン・ドゥシュフール)

ブランド
@L'Artisan Parfumeur
ブランドベルトラン・ドゥシュフールラルチザン調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

モン ニュメロ10

原名:Mon Numéro 10
種類:オード・トワレ
ブランド:ラルチザン
調香師:ベルトラン・ドゥシュフール
発表年:2011年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/18,700円

L’ ARTISAN PARFUMEUR ラルチザン パフューム モン ニュメロ 10 オードパルファム MON NUMERO 10 EDP 100ml

価格:13,660円
(2022/1/31 19:06時点)
感想(1件)

スポンサーリンク

香水についての解説

@L’Artisan Parfumeur

2011年に発売されたラルチザンのフレグランスコレクション「モン ニュメロ」(マイナンバー)は、ベルトラン・ドゥシュフールが、8つの旅、8つのテーマ、8つのムードをシャッフルして、2年の歳月をかけてクリエイトしたフレグランスコレクションです。

今でも日本で発売されているのは、「モン ニュメロ9」のみなのですが、かつて、2011年に日本全国のバーニーズ・ニューヨークで限定販売されていたのが「モン ニュメロ10」でした(2014年にはブティックでも限定販売された)。

コレクション中でも最多の香料が使用されています。そして、南米原産のカブリューバ(ネロリドールという成分が入っておりスモーキーな香り)やハイラックス(の尿)といった珍しい香料が使用されています。

コレクションNo.1の香りとも誉れ高いこの香りの魅力は、一言で言うと、「複雑さ」です。香りを身にまとう条件によって香り立ちがころころ変わるので、説明するのが非常に難しい香りです。それでいて、この香りを一度嗅いでしまうとまず間違いなく魅了されてしまう香りなのです。

チェリーコークのようなフルーティーかつスパイシーな、炭酸のシュワっとしたオープニングからこの香りははじまります。そして、クリーミーなカルダモン、アンバー、スモーキーなレザー、甘いベンゾインと共に、様々な心地よい香りがシンフォニーのように浮かび上がってきます。

ちなみに、この香りは、ベスト・オブ・ベルトラン・ドゥシュフールとして調香された香りと言われています。つまりは、彼の歴代の香りのダイジェスト版のような香りなのです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:モン ニュメロ10
原名:Mon Numéro 10
種類:オード・トワレ
ブランド:ラルチザン
調香師:ベルトラン・ドゥシュフール
発表年:2011年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/18,700円


トップノート:ウイキョウ、ベルガモット、アルデハイド、ピンクペッパー、シナモン、カブリューバ、カルダモン
ミドルノート:レザー、インセンス、ローズ、ゼラニウム、ジャスミン
ラストノート:レザー、ムスク、バニラ、ベンゾイン、ハイラックス、ヘリオトロープ、トンカビーン、アトラスシダー、エゴノキ、アンバーグリス

L’ ARTISAN PARFUMEUR ラルチザン パフューム モン ニュメロ 10 オードパルファム MON NUMERO 10 EDP 100ml

価格:13,660円
(2022/1/31 19:06時点)
感想(1件)

タイトルとURLをコピーしました