その他

【トム フォード】ラベンダー エクストリーム(オリビエ・ギロティン)

スポンサーリンク

アロマセラピーはラベンダーから誕生す


古代の帝国(エジプト、ギリシア、ローマ、アラビア)に愛された植物ラベンダー。その語源は、「洗う」というラテン語から来ており、それは、古代ローマ人が洗濯や入浴に用いていたことからという通説があります。そして、ハーブとしても万能薬として重宝されました。

さらには、ルネ=モーリス・ガットフォセによって1930年代に生み出された造語「アロマセラピー」が誕生するきっかけになったのが、ラベンダー油を火傷の治療に使用したことからという伝説も生み出しました。

そんなラベンダーの香りは、気持ちを落ち着かせてくれる優しいハーバルな香りであるというのが、一般的なイメージです。トム・フォードの面白いところは、クリエイティヴ・ディレクターのキャリン・コーリーと共に、そんなラベンダーとは全く違う側面を出そうとしたところにあります。

スポンサーリンク

トム・フォードのラベンダー革命


トム フォード プライベート ブレンド」の新作として2019年4月(日本は7月19日)に発売された、「ラベンダー革命」とも呼べるこの香りは、オリビエ・ギロティンにより調香されました。

トム・フォードは、かつて2011年に、ヤン・ヴァスニエの調香によりラベンダーの新たなる一面を引き出そうとした香りを「プライベート・ブレンド」から発表していました。「ラベンダー パーム」という名のその香りは、ビバリーヒルズ・ブティック限定で発売されました(現在は廃盤)。「ラベンダー エクストリーム」は、その最終形態です。

まずオープニングに、プロヴァンスのオート=アルプ県が産地である2種類のラベンダー精油が登場します。ひとつは高地で育てられたラベンダーであり、すがすがしい香り立ちが特徴です。もうひとつは、谷間に咲くラベンダーを3日間乾燥させたアンバーのような香り立ちが特徴です(精油抽出の前に乾燥させることによってハーバルが突出することになる)。そこにイタリアン・ベルガモットが絡み合い、グリーンとシトラスの閃光を香りが放ちます。

ミドルには、酵素プロセスにより、土っぽさが取り除かれたキャロットシードに、3つ目のラベンダーであるラベンダー・アブソリュート・フランス(ミルキーかつバルサミック)がブレンドされ、ラベンダーのハーバルの側面のギアがエクストリームに達します。しかし、ここからがこの香りの素晴らしいところなのですが、ローストしたトンカビーンが、そのハーバルな香りにほど良い甘さを加えていくのです。そして、ベンゾインも加わり、クリーミーかつウッディなオリエンタリーな余韻に包まれいきます。

まさに「ラベンダー革命」発動!と言えるほどに素晴らしい香りなのですが、さすがトム・フォード!オールシルバーのボックスとボトルデザインも実に魅力的です。

香水データ

香水名:ラベンダー エクストリーム
原名:Lavender Extreme
種類:オード・パルファム
ブランド:トム・フォード
調香師:オリビエ・ギロティン
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/38,500円


トップノート:ベルガモット、ヴァイオレット
ミドルノート:ラベンダー、ゼラニウム、ローズ、シナモン、ニンジン
ラストノート:クマリン、トンカビーン、ラオス産ベンゾイン

トムフォード ラベンダーエクストリーム
created by Rinker
¥950 (2020/01/18 05:55:49時点 楽天市場調べ-詳細)

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2020年1月
« 12月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。