究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

『007 ゴールデンアイ』Vol.5|サンローランの赤リップの殺し屋=ファムケ・ヤンセン

ボンド・ガール
ボンド・ガール女を磨くアイコン映画女優
この記事は約6分で読めます。

ボンドムービー史上はじめての〝純粋悪のボンドガール〟

本作で最初から最後まで改心しない悪党ゼニア・オナトップを演じたファムケ・ヤンセン(1964-)は、スーパーモデルから女優になることに成功した数少ない人です(1984年にオランダからアメリカに移住し、有名なモデル事務所エリートに入り、イヴ・サンローラン、シャネルなどのモデル活動をはじめる)。

通常、身長が182cmもあるということが、スーパーモデルとしての適性を生み出しても、女優としての可能性を妨げることになります。それはその長身のために、相手役の男優はリーアム・ニーソン級の長身の俳優じゃないと釣り合いがとれないからです(ちなみに彼女の靴のサイズは29cm。そのため、本作においても全てのシューズが特注で制作されました)。

そういうハンデを乗り越えるため、彼女はスーパーモデルの肩書きを洗い流すために、まずコロンビア大学で文学を専攻し、卒業後、女優活動に専念したのでした。

本作のイメージとは違い、彼女は、古き良きハリウッドの名作『新婚道中記』(1937)のような作品に出演したいと渇望し、メリル・ストリープとジャック・ニコルソンを崇拝する人でした。

徹頭徹尾スーパーモデル・ルックのファムケ。

肩幅も含めて、並の男じゃ太刀打ちできない元祖ヴィクシー美女。

本作で使用され、タイアップされたYSLのリップ。

スポンサーリンク

フェラーリF355 GTSに乗るゼニア・オナトップ

フェラーリ F355GTS

赤いフェラーリに赤黒スタイルの安定のコントラスト。

ゼニア・オナトップ。ボンドには漫画のような登場人物が必要です。

オープニングのオナトップ・ルック。

「Then,you are on a top.(次は、君が上になって!)」という言葉をもじる名を持つゼニア・オナトップの存在感が、本作を大ヒットに導いたことは間違いありません。

この『007 美しき獲物たち』のグレイス・ジョーンズの焼き直しではあるが、表情がいちいち素晴らしいファムケ・ヤンセンに『007 私を愛したスパイ』のナオミ以来のときめきを覚えた男性たちも多いはずです(もし彼女に、ナオミのようなビキニで登場するシーンがあったら歴代トップ5に入るボンドの宿敵になったはずです)。

スポンサーリンク

ゼニア・オナトップ・ルック1

ブラックドレス
  • ブラックドレス、ベルベットとレース製
  • ブラック・ベルベットのボレロジャケット
  • ブラックサテンヒール

ボンドとタメを張るほどのクールな存在感。

カラスのようなイブニングドレスです。

オールブラックにリップのみ真紅というファムファタール・ルック。

スポンサーリンク

ゼニア・オナトップ・ルック2

サテンスーツ
  • 黒のホースヘアーの女優帽(キャプリーヌ)
  • シルバーカラーのサテン生地のスカートスーツ
  • ブラック・ホルタートップの編み上げのビスチェ
  • ブラックグローブ
  • 黒タイツ
  • ブラックハイヒールパンプス

1940年代~50年代のファムファタール・スーツ。

90年代を象徴するテカテカ生地。

こうやって見るとこの二人はベストカップルです。

子供からサインを求められるゼニア。

スポンサーリンク

ニュー・マネーペニー=サマンサ・ボンド

舞台女優らしい美しい横顔。

レースのブラックドレスを気品をもって着こなしています。

本作での登場シーンは僅か1シーンのみ。

本作よりマネーペニーは三代目になりました。サマンサ・ボンド(1961-)の登場です。ジェームズ・ボンドにとって同年代であり、長い付き合いのマネーペニーは、唯一、気心知れた友達のような存在とも言えます。

そして、マネーペニーにとってボンドはイケメンの弟のようであり、息子のような存在なのです。そんなマネーペニーをピアース・ブロスナンのボンド時代にずっと演じることになるのが、奇しくも同じ苗字を持つ彼女サマンサ・ボンドなのです。

15歳までバレリーナを目指した生粋のロンドン娘であり、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの一員としてジュディ・デンチ(本作のM)に鍛え上げられた一流のシェイクスピア女優であり、1999年にはトニー賞の主演女優賞にノミネートされているほどの実力者です。

作品データ

作品名:007 ゴールデンアイ GoldenEye(1995)
監督:マーティン・キャンベル
衣装:リンディ・ヘミングス
出演者:ピアース・ブロスナン/イザベラ・スコルプコ/ファムケ・ヤンセン/ショーン・ビーン/アラン・カミング

タイトルとURLをコピーしました