エリザベス・テイラー

エリザベス・テイラー12 『クレオパトラ』4(3ページ)

スポンサーリンク

作品名:クレオパトラ Cleopatra (1963)
監督:ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ
衣装:アイリーン・シャラフ/レニー・コンリー/ヴィットリオ・ニーノ・ノヴァレーゼ
出演者:エリザベス・テイラー/リチャード・バートン/レックス・ハリソン/ロディ・マクドウォール/マーティン・ランドー

スポンサーリンク

スフィンクス・アイが大流行

1963年、このアイラインが大流行しました。

スフィンクス・アイとレブロンは命名しました。

そして、かなり深いVスリットの入ったイエロードレス。

このイエロードレスがアントニーと初対面するドレスです。

ちなみに1964年3月25日に二人が結婚した時のリズのドレスが、このドレスにすごく似ています。デザイナーも同じアイリーン・シャラフでした。

クレオパトラ・ルック14 イエロードレス
  • イエローロングドレス、かなり深いフロントVスリット入り
  • 白のシフォンストール
  • ビーズとスパンコールで作られたヘッドドレス
  • ゴールド・アームバングル、ウラエウスの紋様

私は普段、高価なローション類を特に使っていない。ごく普通の石鹸で洗顔した後、良質のモイスチャライザーをつけるだけだ。クレオパトラのような役柄以外では、映画の中でも化粧は常に自分で、それも最小限度するだけである。

エリザベス・テイラー

レブロン、クレオパトラ・ルックの広告、1962年。

レブロンの〝スフィンクス・ピンク〟のマニキュア。

コルゲートのクレオパトラ・ソープ、1963年。

私がこの映画のリズ・テイラーで唯一気に入らなかったのは、濃すぎるアイシャドウだけでした。

スティーヴン・ボイド、1963年8月

この作品が、60年代の女性のメイクアップに与えた影響は凄まじく、レブロンは「クレオパトラ・アイ」=「スフィンクス・アイ」に特化した商品を発売したほどでした。

そして、ゴージャスなクレオパトラ・ルックは、エミリオ・プッチオスカー・デ・ラ・レンタのデザインにも大いに影響を与えました。

スポンサーリンク

リズ=クレオパトラのアイコニック・ルック

最も魅力的なブラントバング・スタイルのリズ・テイラー。

ドラァグ・クイーンが大いに影響を受けたアイメイク。

アスプコブラが鎌首を持ち上げた様子がアームバングルに。

どの衣装でも強調される胸の谷間。

全体のドレスのラインもとても美しいです。

スフィンクス・アイの横からのシルエット。

休憩中にウィッグを取り、ヘッドスカーフを巻くリズ。

クレオパトラ・ルック15 トリコロール
  • 黒髪ぱっつんのドレッドウィッグ、ゴールドビーズ
  • 濃紺のノースリーブシフォンドレス、フロントスリット入り
  • 白と赤のバイカラートガ
  • ゴールド・アームバングル、ウラエウスの紋様

ローマで『クレオパトラ』撮影中のリズ・テイラーとエディ・フィッシャーが滞在するヴィラに、オードリー・ヘプバーンとメル・ファーラーが2度訪問しました。そして、2度目の訪問で、『マイ・フェア・レディ』出演が決定し有頂天だったオードリーと一緒になって喜んでいたリズは、その夜、ベッドでエディに言いました。

私のために『マイ・フェア・レディ』のあの役をとってきて!」と。

スポンサーリンク

ページ:

1

2 3

最新の投稿

更新カレンダー

2019年8月
« 7月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP