究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】オー スクレット(ティエリー・ワッサー)

ゲラン
ゲランティエリー ワッサーブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

オー スクレット(オー デ バン)

原名:Eau Secretè(Eau de Bain)
種類:オード・トワレ
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/21,450円
公式ホームページ:ゲラン

スポンサーリンク

バスルームをゲラン帝国の大浴場に変える香り

©GUERLAIN

©GUERLAIN

2019年にゲランから発売された、極上のバスタイムを愉しむためのバスルーム専用のフレグランス「オー デ バン」は、ゲランの五代目調香師ティエリー・ワッサーにより調香されました。

ボディケアラインの「デリス ドゥ バン」と同じ香りの構成で作られたこの香りは、入浴前のバスルームに吹きかけたり、バスタオルに直接スプレーしたり、シャワー後の素肌にまとうことを前提に作られた香りです。

賢者のバスタイム〟の香り。 容姿や物腰がうつくしい人、周りに流されない自分を持っている人に共通しているのは、最上のバスタイムとトイレタイムを生み出す能力があるということです。そういったひと時を生み出し、〝いのちと輝き!〟を与えることが出来る香りです。

〝ゲラン帝国の大浴場〟の香りは、清涼感あふれるグリーンノートにふんわりと包み込まれたベルガモットとレモンの優雅さからはじまります。どこからかクラシック音楽の旋律が流れてきそうな錯覚にとらわれます。

すぐに香り全体を包み込むホワイトムスクを透かしてきらめくように、爽やかなオレンジブロッサムと甘いアーモンドが「いのちと輝き!」という言葉を私たちの耳元で囁くようにふんわりと香り立ちます。

ただの柑橘の香りで終始せず、ソーピィー過ぎるわけでもないアーモンドとホワイトムスクが生み出す至福の余韻が、ゲランの真骨頂とも言えます。

2021年に「レ マティエール コンフィダンシエル」として、名前も「オー スクレット」となり、ボトル・リニューアルされました。

2017年に発売されたエクスクルーシブなコロン「キュヴェ セクレット」にオマージュを捧げた香りでもあります。それはゲランで、創業時から香水製造の過程(マセレーション)でタンク内に残った液体をバスオイルとして作業員に与えていたほんのつかの間の輝きしか生み出さないこの液体の香りを再現したコロンでした。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:オー スクレット(オー デ バン)
原名:Eau Secretè(Eau de Bain)
種類:オード・トワレ
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/21,450円
公式ホームページ:ゲラン



トップノート:ベルガモット、オレンジ・ブロッサム、レモン、グリーンノート
ミドルノート:アーモンド、ホワイトムスク
ラストノート:バニラ、プレシャスウッド

タイトルとURLをコピーしました