究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【エマニュエル ウンガロ】ディーバ(ジャック・ポルジュ)

その他
©UNGARO
その他ジャック・ポルジュブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ディーバ

原名:Diva
種類:オード・パルファム
ブランド:エマニュエル・ウンガロ
調香師:ジャック・ポルジュ
発表年:1983年
対象性別:女性
価格:不明

エマニュエル ウンガロ emanuel ungaro ディーバ オードパルファム EDP SP 50ml 【香水】【あす楽】【送料無料】【割引クーポンあり】

価格:5,214円
(2022/10/16 16:39時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

アラブの大富豪の第一夫人の香り

©UNGARO

©UNGARO

エマニュエル・ウンガロの第二弾フレグランスとして1983年に発表されました。「ディーバ」とは、イタリア語で「女神」「スーパースター」を意味します。

エマニュエル・ウンガロのシンボルでもあるローズを基調に作り上げられた香りは、その名が示すとおり、最高峰の女性のための香りです。

アルデハイドによりクリーミー・クラシカルなチューベローズに柑橘系が絡み合うトップノートからはじまり、イランイランとローズ、ジャスミンによって柔らかな甘みを増したミドルを経て、バニラ、サンダルウッド、アイリス、オークモスの温かい官能シャワーに香り全体が包まれます(絶対的な隠し味としてのシベットを忘れてはならない)。

それは決して王妃のための香りではなく、IT長者の妻やアラブの大富豪の第一夫人といった夫の富の上に生きる美しき女性にのみ付けこなすことの出来る香り。人々は、横柄なこのご婦人に対して、心の底から蔑んでいるのですが、一度笑顔を振り向けられると、もう骨の髄まで彼女の夢中になってしまう・・・そんなバカな香り。

当時既にシャネルの三代目専属調香師だったジャック・ポルジュによって調香されたオリエンタル・フローラル・シプレのこの香りは、同じくシャネルのアートディレクターであるジャック・エリュによって、ドレープの効いたプリーツ状のイブニングドレス(デコルテの部分に赤いDIVAのラベルが貼り付けられています)をモチーフにした、豪華なボトルがデザインされました。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ディーバ
原名:Diva
種類:オード・パルファム
ブランド:エマニュエル・ウンガロ
調香師:ジャック・ポルジュ
発表年:1983年
対象性別:女性
価格:不明


トップノート:アルデハイド、コリアンダー、マンダリン・オレンジ、インディアン・チューベローズ、ベルガモット、カルダモン
ミドルノート:カーネーション、ニオイ・イリスの根茎、ターキッシュ・ローズ、イランイラン、モロッコ産ローズ、スイセン、エジプト産ジャスミン
ラストノート:蜂蜜、アイリス、アンバー、サンダルウッド、パチョリ、ムスク、シベット、バニラ、オークモス、ベチバー

エマニュエル ウンガロ emanuel ungaro ディーバ オードパルファム EDP SP 100ml 【香水】【あす楽】【送料無料】【割引クーポンあり】

価格:7,073円
(2022/10/16 16:39時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました