究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

関西・名古屋

関西・名古屋

LE LABO KYOTO MACHIYA(ルラボ 京都町屋)【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2024】

かつてセルジュ・ルタンスが、1990年代に自分のブランドを創業したとき、京都の町屋に日本一号店を作ることが、彼の夢でした。京都には世界に誇る香りの文化があります。そんな『香りの都・京都』の町屋に、ルラボが、香水の歴史上初めてとなる町屋ブティックを、2024年3月20日にオープンしました。
関西・名古屋

ルイ ヴィトン ナゴヤ ミッドランド スクエア店【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2023】

ジェイアール名古屋高島屋を中心に名古屋駅周辺を中心に〝フレグランスの聖地〟が続々と誕生しています。そしてミッドランド スクエアには、ルイ・ヴィトンの〝名古屋のフレグランスの聖地〟が存在します。こちらにはとても魅力的な女性のフレグランス・スペシャリスト(兼トップ・パフォーマー)の方がおられます。
関西・名古屋

メゾン クリスチャン ディオール ジェイアール京都伊勢丹【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2023】

2022年11月16日にジェイアール京都伊勢丹2階のフレグランスコーナーがリニューアルオープンしました。この時に誕生した西日本最大のメゾン クリスチャン ディオールには、全国国最強のMCDと言われる大丸心斎橋店の二人のエキスパートの方に匹敵するフレグランス・エキスパートの女性の方がおられます。
スポンサーリンク
関西・名古屋

阪急メンズ大阪 フレグランスカウンター【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2024】

2023年11月29日にリニューアル・オープンした阪急メンズ大阪のフレグランスカウンターに、新生クリードが、西日本ではじめて再上陸しました(2019年5月31日以来)。さらに、梅田地区ではじめてキリアンも上陸することになりました。こちらには、二人の素晴らしいソムリエールの方がおられます。
関西・名古屋

ゲラン 髙島屋大阪店【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2024】

2023年10月11日までゲラン帝国の西日本の聖地は『阪急うめだ本店』のみでした。しかし、この日リニューアル・オープンした髙島屋大阪店が西日本で二店目となる「ラール エ ラ マティエール」をはじめとするブティックラインを取り扱う店舗となり、西日本の聖地は、二つになったのでした。
関西・名古屋

トム フォード大丸神戸店【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2023】

日本全国でトム・フォードのフレグランスについてカウンセリング出来る方が思わぬ店舗におられました。それはトム・フォード・ビューティではなく、トム・フォードのメンズ・ブティックにです。かつてルイ・ヴィトンの梅田阪急メンズ館で働かれていた彼こそが、〝全国のトム・フォードのトップオブトップ〟です。
関西・名古屋

グラフ心斎橋店【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2023】

2023年2月から日本上陸しているグラフのフレグランスコレクション「レセディ ラ ロナ」をご存知でしょうか?6種類100ml 各48,510円のプレステージ・コレクションの世界観を的確にお伝えできる店舗として私は『グラフ心斎橋店』をおすすめします。
関西・名古屋

NOSE SHOP 神戸【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2023】

2022年8月に関西二店舗目となるNOSE SHOPの新店が、新生「神戸阪急」にオープンしました。現在NOSE SHOP 大阪で店長をしておられる女性販売員の方が、まず最初に店長として軌道に乗せた店舗です。そんな彼女の下で頑張っておられた女性店長様がとても丁寧な接客をしてくださります。
関西・名古屋

エルメス・イン・カラー 阪急うめだ本店【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2024】

2022年エルメス・イン・カラー10月26日、阪急うめだ本店2階に二号店がオープンしました。ココには、元「キリアン/フレデリック・マル」で働かれていた女性スペシャリストの方をはじめ、フレグランス愛の深いスタッフが集まっています。〝エルメス香水の聖地〟誕生です。
関西・名古屋

アーツ&サイエンス KYOTO【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2023】

リン・ハリス様が2015年に立ち上げたフレグランスメゾン「パフューマーH(Perfumer H)」を日本で唯一取り扱うことが許されているアーツ&サイエンスの京都店の二階には、「香りを体感できるスペシャルな空間」があります。接客も申し分ない新たなる香水聖地です。
関西・名古屋

オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー 京都BAL店【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2023】

京都の新たなる『香水の聖地』と言われる京都BALの一階に2018年から存在する「オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー」の青年スペシャリスト様がとても素晴らしいです。何よりも「ルーブルコレクション」の世界観をここまで素敵に伝えて頂ける方は、全国18店舗のビューリーにおいてもおられないと思います。
関西・名古屋

ディプティック 京都BAL店【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2024】

京都BALの一階が2022年にリニューアルし、京都の新たな『香水の聖地』として盛り上がりを見せています。かの地に誕生したディプティックは、日本でも最大級の店舗です。この店舗に、全国ディプティックの中でトップオブトップの呼び声が高い美貌の女性店長様がおられます。
関西・名古屋

トム フォード ビューティ 大丸心斎橋店【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2024】

外資ラグジュアリーコスメブランドの中で、フレグランス接客力が高いスペシャリストの方々が集まっているブランドと私が考えるのがトム・フォード・ビューティです。なかでも西日本で最もトム・フォードのフレグランスを心地よく選べる環境が、大丸心斎橋に存在します。
関西・名古屋

ラトリエ デ パルファム 大阪高島屋【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2023】

関西でキリアンが存在する店舗は、京都高島屋とここだけです。そして、フレデリック・マルなどのブランドの香りが集結する、疑いようがない『西日本の香りの聖地』。この店舗の女性チーフ様とサブチーフ様は、香りについて、しっかりと丁寧に、自分の言葉で伝えてくださる〝ソムリエールに相応しい接客〟をされる方です。
関西・名古屋

フレグランスコーナー・カワベ 大阪高島屋【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2024】

日本で一番素晴らしいチーフの方がおられるカワベのカウンターは、大阪高島屋にあります。ここの女性チーフ様は、カワベの香水(ブルガリ、アクアディパルマ、ミラーハリス)だけでなく、コーナーのフォルテの香水(ロジーヌ、ディファレント・カンパニー)についても豊富な知識をお持ちの方です。
関西・名古屋

香十 二寧坂【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2024】

2022年、空前の香水ブームの中、多くの香水愛好家は、日々磨き上げられていく嗅覚によって、ごく自然の流れとして、日本の〝香りの文化〟にも興味を持つようになりました。そんなお香に興味を持ち始めた皆様に最初に会って欲しい方が、京都の二寧坂にある〝お香の聖地〟香十の店長様です。
関西・名古屋

ルイ ヴィトン 神戸店 PART2【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2023】

聖地ガイドにおいて「ルイ・ヴィトン 神戸店」のPART2を作成した理由は、ひとつの要望にお答えするためです。それは神戸で接客を受けに行くことがなかなか出来ない東京及び各地の現役香水販売員の方々から、もっともっと〝ルイ・ヴィトンのトップオブトップ〟の香水接客の秘訣をお聞きしたいという要望にお応えするためです。
関西・名古屋

The香水屋 京極2号店【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2024】

京都・四条の香水の聖地。激安・並行輸入香水店の通常の、やる気のない接客・脱脂綿に香りを放置・店内は薄暗い、もしくは乱雑というイメージとは真逆に位置するびっくりするほど素敵な、激安香水店に対する偏見を覆して下さる『香水好きにはたまらないお店』です。
関西・名古屋

LE LABO 高島屋大阪店【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2024】

関西には京都と大阪(梅田と難波)の四箇所にルラボの店舗があります。そのうちのひとつ高島屋大阪店は、元々は小さなカウンターしかない全国でもっとも小さな店舗でしたが、2024年3月に大型店舗にリニューアルされました。そしてこちらの店舗には、とても親切で香水愛の深い男性店長様がおられます。
関西・名古屋

ラトリエ デ パルファム 大丸心斎橋店【全国フレグランス×香水聖地巡礼ガイド2023】

西日本のラトリエ デ パルファム(ブルーベル)において、誰もが認める〝最高峰の知識と接客力〟を持つパルファン ソムリエール様が二人おられます。一人は京都伊勢丹の女性チーフ様。そして、もう一方が、この大丸心斎橋の女性チーフ様です。
スポンサーリンク