究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ル ラボ】ベンゾイン19 モスクワ(フランク・フォルクル)

その他
その他ブランドルラボ調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

ベンゾイン19 モスクワ

原名:Benjoin 19 Moscow
種類:オード・パルファム
ブランド:ルラボ
調香師:フランク・フォルクル
発表年:2013年
対象性別:ユニセックス
価格:15ml/19,800円、50ml/38,500円、100ml/57,200円

スポンサーリンク

アンナ・カレーニナの香り




ルラボが出店している都市ごとの限定の香り「シティ エクスクルーシブ コレクション」。その中のひとつとして2013年に発売されたモスクワ限定の香りが、「ベンゾイン19」です。

レフ・トルストイの「アンナ・カレーニナ」の中で、(舞台は1870年代のロシア)政府高官カレーニンの妻である美貌のアンナが、兄夫婦の諍いを仲裁するためにやってきたモスクワで、若い貴族の将校ヴロンスキーとモスクワ駅で運命的に出逢い、互いに惹かれ合うシーンがあります。

この香りは、そのシーンを体現した香りとして調香されました。これは人生の全てが一変してしまう瞬間をオリエンタル・ウッディに託した香りです。フランク・フォルクルにより調香されました。

オリバナム(乳香)の香りから始まり、キャラメルのような甘さのあるアンバーとベンゾイン、そして、スモーキーなシダーが香り全体を包み込みます。冷静さを保つことが出来ない、そんな人生における抗うことの出来ない決定的瞬間を香りによって体現したのが「ベンゾイン19」なのです。冬に、スカーフに吹きかけたくなる香りです。

いやしかし、私がモスクワの香りと聞いて、真っ先に脳裏をかすめたのは、アンナ・カレーニナではなく、ジンギスカンでした。

香水データ

香水名:ベンゾイン19 モスクワ
原名:Benjoin 19 Moscow
種類:オード・パルファム
ブランド:ルラボ
調香師:フランク・フォルクル
発表年:2013年
対象性別:ユニセックス
価格:15ml/19,800円、50ml/38,500円、100ml/57,200円


シングルノート:アンバー、ムスク、オリバナム、シダー、ベンゾイン

タイトルとURLをコピーしました