ベニチオ・デル・トロ

ベニチオ・デル・トロ1 『スナッチ』2(2ページ)

    作品名:スナッチ Snatch (2000)
    監督:ガイ・リッチー
    衣装:ヴェリティ・ホークス
    出演者:ブラッド・ピット/ベニチオ・デル・トロ/ジェイソン・ステイサム/スティーヴン・グレアム/ラデ・シェルベッジア



    ベニチオ・デル・トロとオープニング・タイトル


    2000年に本作が公開されると同時に衝撃を与えたのが、登場人物がフリーズフレームしてポスタリゼーション化されるオープニング・タイトルです。

    ガイ・リッチーとその友達のDJファットボーイ・スリム(1963-)がイメージしたのは、ストーリーの中心となるボクシングの世界観を生かしたタイトルでした。そして、60年代のモハメド・アリの試合ポスターに、サム・ペキンパーの『ワイルド・バンチ』(1969)のオープニング・タイトルで使用されたポスタリゼーションを組み合わせたのでした。


    そんな間違いなく映画史上有数のクールさに包まれたオープニング・タイトルの始まりを告げる人こそ、フランキー・フォー・フィンガーズに扮するベニチオ・デル・トロ(1967-)なのです。この男こそが、本作と同年に公開された『トラフィック』(2000)において、メキシコの麻薬捜査官に扮しアカデミー助演男優賞を受賞しており、最も脂の乗っていた時期であり、ブラッド・ピットを食うほどのインパクトを本作で残したのでした。



    その名もフランキー・フォー・フィンガーズ

    ブラッド・ピットには無理なラティーノ・スタイル。

    どこのブランドか分からない謎のサングラス。

    フランキー・フォー・フィンガー・スタイル1 スモーキング・ジャケット
    • ブラックベルベットのスモーキング・ジャケット、ピークドラペル
    • ワインレッドのドレスシャツ、フロントと袖にラッフル
    • 同色のポケットチーフ
    • サングラス

    彼の着ているスーツは、全てダンヒルです。ベニチオ・デル・トロという人は、独特の魅力を持っています。なかなかここまでキザなポーズをして決まる人はいません。

    しかし、彼がフォー・フィンガーを見せたそのポーズが、安っぽくないスーツとドレスシャツに包まれ圧倒的なオーラを発散していたからこそ、この作品の成功は約束されたのでした(恐らく、日本でこれをやれば、ジャニーズかEXILE系の俳優が、ホストっぽいスーツを着て、超絶ダサい空気を発散してくれることだろう)。



    そして、この光沢たっぷりの〝脂ぎるオトコ〟スーツ

    静止画で観ると不細工なのだが、動画で観るととてつもないイケメン。

    シャンパングレーにスカイブルーのアンサンブル。

    フランキー・フォー・フィンガー・スタイル2 グレースーツ
    • 光沢のあるグレースーツ、ピークドラペル
    • スカイブルーシャツ
    • 同色のポケットチーフ
    • サングラス




    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. レアンドロ・フィルミノ・ダ・オーラ1 『シティ・オブ・ゴッド』1…
    2. ロジャー・ムーア1 『007 死ぬのは奴らだ』1(2ページ)
    3. ウォーレン・ベイティ1 『俺たちに明日はない』4(2ページ)
    4. ロジャー・ムーア4 『007 黄金銃を持つ男』2(3ページ)
    5. ジョージ・レーゼンビー3 『女王陛下の007』3(2ページ)
    6. ダニエル・クレイグ1 『007 スペクター』1(2ページ)
    7. ショーン・コネリー7 『007は二度死ぬ』1(2ページ)
    8. ブルース・リー1 『死亡遊戯』(2ページ)

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP