ボンド・ガール

バーバラ・バック2 『007 私を愛したスパイ』4(2ページ)

    作品名:007 私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me(1977)
    監督:ルイス・ギルバート
    衣装:ロナルド・パターソン
    出演者:ロジャー・ムーア/バーバラ・バック/キャロライン・マンロー/クルト・ユルゲンス/リチャード・キール


    高級リゾート地に相応しい地中海カラーのリゾートドレス

    イタリアのサルディニア島で、馬車で颯爽と登場する二人。

    海辺のリゾート地に相応しいマリンカラーのドレスに、上質なブラウンレザーの見事なアンサンブル。

    ロータス・エスプリを運んでくれたQの伝説の「英国海外航空」バッグ。そして、アニヤのクロコダイル・バッグ。

    リゾート・ファッションの鉄則。色は三色以内でまとめる。

    ホテルカラ・ディ・ヴォルペのレセプショニストは、ヴァレリー・レオン。

    アニヤ・アマソワ・ルック5 リゾートドレス
    • 地中海カラーのニット
    • 地中海カラーのスカート、膝下丈
    • ブラウンレザーのベルト
    • ブラウンのアンクルストラップ・ヒールサンダル
    • クロコのショルダーバッグ、ブラウン・パテント・レザー

    サルディニアの海の色とマッチしたドレスを着たアニヤ。リゾート・ファッションにおいて最もハイセンスな着こなしは、その風土カラーを上手く取り入れることです。例えば、日本であれば、四季に合わせたカラーや、京都だと朱色やブラウン、奈良だと、ゴールドやブロンズの仏像カラーや鹿を連想させるブラウン、冬の北海道なら白やクリーム色といった具合にです。

    さらに、リゾート・ファッションの鉄則といえるのが、風光明媚な場所に、うるさい色使いをすべからずという鉄則です。つまり三色以内でファッションをまとめるべしということです。つまり、ラグジュアリー・ストリートは、ここではお呼びではないのです。



    70年代ラグジュアリー・リゾート・ファッション

    白(もしくはクリーム)、ブラウン、バーガンディの絶妙な色合わせ。

    70年代エレガンスを象徴するようなサンローラン・スタイルです。

    間違いなくリバイバル・ヒットしていくであろうリゾート・ニット。

    そして、ブリジット・バルドーのようなメイク。

    キャロライン・マンロー、ロジャー・ムーア、バーバラ・バック。

    オフショット。

    ロータス・エスプリに腰掛けるバーバラ。

    アニヤ・アマソワ・ルック6 パンツルック
    • 白のパンツスーツ、スタンドカラーのジャケット
    • バーガンディのインナー、長袖
    • ブラウンレザーのベルト
    • ニットキャップ
    • ウェッジソールサンダル

    カーリー・サイモンの甘いテーマ・ソングとマーヴィン・ハムリッシュのロマンティックな調べ。そして、バーバラ・バックの成熟したオンナの色気とジェームズ・ボンドのユーモアを伴ったダンディズム。子供やU21が入り込む余地のない世界観だからこそ、子供や若者にとって、その世界観は、憧れの対象になるのです。

    ボンド・ムービーのタイムレスなカッコ良さは、現代社会に蔓延る、子供や若者に媚びる要素が全く存在しないところにあるのです。ロジャー=ボンドは、言い放ちます。「私のユーモアについてこれないなら、それはそれでいいんですよ」と。この大人の余裕・・・子供や若者を無視した大人の世界を作り上げたからこそ、永遠に憧れる大人の世界が作り出せた訳なのです。



    ラグジュアリー・ルームウェア





    アニヤ・アマソワ・ルック7 ルームウェア
    • カーキーのロングガウン

    現在において、圧倒的な支持を得るであろうラグジュアリー・ルームウェアの見本のようなスタイルがここにはあります。私たちは、そろそろ、ストリートに飽き飽きして、70年代エレガンスに方向転換すべき時期なのかもしれない。

    スニーカーを捨てて町に出よう!



    ページ:

    1

    2

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。