究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【エスカーダ】リリー シック(フランシス・クルジャン)

その他
©ESCADA
その他フランシス・クルジャンブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

リリー シック

原名:Lily Chic
種類:オード・トワレ
ブランド:エスカーダ
調香師:フランシス・クルジャン
発表年:2000年(限定販売)
対象性別:女性
価格:30ml/4,500円、50ml/6,500円、100ml/8,500円

スポンサーリンク

リリー=リリー・オブ・ザ・バレー(鈴蘭)

©ESCADA

エスカーダは1990年に最初のフレグランスを発売しました。そして、1993年からエスカーダの春夏コレクションのイメージを反映させた〝夏限定の香り〟シリーズを毎年発売するようになりました(ハート型のボトルデザインが特徴です)。

2000年のエスカーダの限定フレグランスをフランシス・クルジャンが手がけました。春の訪れをイメージした光り輝くイエロー・グリーンの蛍光色のウランガラスのボトル・デザイン。

その色味が連想させるのは、華やかな甘い香りなのですが、実際は甘さを排した爽やかな香りが特徴です。

本当にややこしいのですが、この「リリー シック」のリリーは百合の意味ではなく、リリー・オブ・ザ・バレー=スズランの意味です。アップル、ピアーのフルーティーとグレープフルーツのシトラスがそんなスズランの香りに生命力を与えてくれています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:リリー シック
原名:Lily Chic
種類:オード・トワレ
ブランド:エスカーダ
調香師:フランシス・クルジャン
発表年:2000年(限定販売)
対象性別:女性
価格:30ml/4,500円、50ml/6,500円、100ml/8,500円


トップノート:グリーンアップル、ピアー
ミドルノート:リリー・オブ・ザ・バレー、レモンツリー
ラストノート:ライム、アンバー、グレープフルーツ

タイトルとURLをコピーしました