究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【フエギア 1833】コモレビ(木漏れ日)(ジュリアン・べデル)

フエギア 1833
フエギア 1833
この記事は約5分で読めます。
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コモレビ(木漏れ日)

原名:Komorebi
種類:パルファム
ブランド:フエギア 1833
調香師:ジュリアン・べデル
発表年:2016年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/46,200円
公式ホームページ:フエギア 1833

スポンサーリンク

フエギアは、スケール感のある香りを生み出すニッチ・ブランドです。

©FUEGUIA 1833


ジュリアン・べデルが2010年にブエノスアイレスで創業したフエギア 1833から、2016年に発売された「コモレビ Komorebi」は、〝Literatura(文学)〟コレクションのひとつとして、ジュリアン・べデルにより調香されました。

フエギア1833というニッチ・フレグランス・ブランドの本質は「南米の大地に自生する芳香性植物や薬草の守護者である先住民の地域社会への賛辞であり、彼らの保護活動を応援する叙情詩でもあります。」というブランド公式の文章と、

ある意味、私の香りへのアプローチはいつも神とつながることで前進してきました。人類学的に見ても人は、さまざまな儀式に香りを取り入れ、儀式の内容にかかわらず、それを広めてきました。こうして地球上のいかなる儀式にも香りは欠かせないものとなりました。

ジュリアン・べデル

の言葉に集約されています。

つまり香水業界にとっても未開の地である〝南米の壮大な世界観と豊かな香料〟を反映した、〝繊細さよりも、大地から湧き立つエネルギーやドラマティックな植物の生態を解き放つスケールのある香り〟を生み出す唯一無二のブランドなのです。

それは、チャイコフスキーの『ピアノ協奏曲第1番』のような荘厳なクラシック音楽を思わせます。そのためフエギアは、香りの変化について〝パフューム・コード〟で表現しています。

それは、香りのスケールを音楽のコード理論で示しており、以下のスリーコード(主要三和音)となります。

  • トニック・ノート 香調を決定づける主役の香料。他の香料はすべて、最終的に引き寄せられひとつの世界観を生み出してゆきます。
  • ドミナント・ノート トニック・ノートの次に安定感のある香料であり、香調を豊かにする役割を担います。
  • サブドミナント・ノート 二つのノートに不安定な響きを与える香料で、コントラストを生み出す役割を果たします。

つまりシングルノートではなく、クラシック音楽のように、ドラマティックな香りのうつろいを感じることが出来ます。

スポンサーリンク

〝桜の香りの王朝絵巻〟が肌に広げられてゆく

©FUEGUIA 1833

日本人が「光」に与える観念。桜並木の中、太陽の日差しが漏れる木漏れ日の中、突然、アンバー(琥珀)の風が吹き込みます。見える「光」と見えない「風」が生み出す相互作用が、湿気を帯びた空気を生み出し、桜のかぐわしい香りを広げてゆきます。

ジュリアン・べデル

日本でも有数のラグジュアリー・ホテルであるグランドハイアット東京の1Fロビー内に「フエギア1833」が初上陸したのは、2015年10月7日のことでした。この上陸後、日本限定の香りとして、2016年5月31日に、30ml税抜き12,000円、100ml税抜き23,000円で発売されました。

あくまで私のこの香りのイメージです。©蜷川組「さくらん」フィルム・コミッティ

それは、当時ジュリアンが、念願の日本上陸を果たし、日本の地を踏んだ〝喜び〟を〝桜〟に託した香りとも言えます。香りの幕開けは、トニック・ノートであるチェリーブロッサムが、最初から天然のアンバーグリスと溶け合い、桜花爛漫たる桜の輝きが広がってゆくようにしてはじまります。

名前とは裏腹に、通常の桜の香りに適応される〝はかなさ〟という概念から離れ、その華やかさに脚光(=木漏れ日)を当てた日本の総天然色で作られた桜の香りです。

木漏れ日の中で桜が、甘さと酸っぱさを輝かせる中、早くも散った桜の花びらが浮かぶ小川のオゾンのみずみずしさがコントラストを生み出してゆきます。日本の春の空と桜と水を結び付けていく〝香りの王朝絵巻〟が、肌に広げられていくようです。

晴れやかな太陽と、ピンクにきらめく桜、水面が輝く川の流れは、繊細さよりも、スケール感を感じさせます。肌との相性が良く、肌のぬくもりに溶け込み、ダイナミックな自然の力が全身にみなぎり、やがてはきらめく香りのオーラを解き放ってゆくのです。

ちなみに2016年発売された当時の公式文章はまた違ったものであり、こちらもこの香りの世界観を広がらせてくれる素敵な文章です。

松林図屛風/長谷川等伯 ©TOPPAN

日本を象徴する花、それは桜の花。太陽に照らされ、わずかに香る桜の花の香りは、やがてその力強い幹が宿す影に吸い込まれ、枝葉の陰る間に幽遠に浮遊する。墨絵の松林図屏風に描かれた松林のように、陰と陽が共生する世界を表現している。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:コモレビ(木漏れ日)
原名:Komorebi
種類:パルファム
ブランド:フエギア 1833
調香師:ジュリアン・べデル
発表年:2016年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/46,200円
公式ホームページ:フエギア 1833


トニック・ノート:チェリー・ブロッサム
ドミナント・ノート:アンバーグリス
サブドミナント・ノート:ムスク