究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ジョー マローン】ゼラニウム & バーベナ コロン(クリスティーヌ・ナジェル)

クリスティーヌ・ナジェル
©Jo Malone London
クリスティーヌ・ナジェルジョー・マローン・ロンドンブランド調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

ゼラニウム & バーベナ コロン

原名:Geranium & Verbena Cologne
種類:オーデ・コロン
ブランド:ジョー・マローン・ロンドン
調香師:クリスティーヌ・ナジェル
発表年:2015年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/17,600円

スポンサーリンク

〝英国の五つの栄光の時代〟をボトルに封印した「ロック ザ エイジ」

©Jo Malone London

2015年2月20日(金)に、ジョー・マローン・ロンドンより5種類の「ロック ザ エイジ」コレクションが限定販売されました。大英帝国の5つの栄光の時代を讃えた香りでした。

この5種類の中のひとつ「ゼラニウム & バーベナ コロン」が、2021年6月現在、新宿伊勢丹、京都伊勢丹等の一部ジョー・マローン店舗で100ml限定販売されています。この香りはクリスティーヌ・ナジェルにより調香されました。

2005年にビバリー・ベインが調香した「ポメグラネート ノアール コロン」以外は、このコレクションの香りは、すべてクリスティーヌ・ナジェルによる新作でした。そして、このコレクションは、過去の一時代を香りによって表現するというひとつのチャレンジでした。

つまりは、私たちが存在しなかった時代への嗅覚の時間旅行を実現する香りでした。

英国の歴史の中で、最も重要かつユニークな時代の雰囲気を香りで捉えるというアイデアに私は夢中になりました。それぞれの英国の時代には、世界中の人々を夢中にするドラマや個性が存在します。そういったものを知性と感性に強く訴えかける遊び心の伴った香りとして表現していったのです。

クリスティーヌ・ナジェル

スポンサーリンク

エドワード朝時代に誕生したフゼアノート

英国の時代で最も私を魅了する時代は、エドワード朝時代です。香水の歴史においてフゼアが生まれたのもこの時代です。セリーヌ・ルー(ジョー・マローンのクリエイティブ・ディレクター)から、現代的なフゼアを作って欲しいと言われ、何をどうすればいいのか相当悩んでいました。

そんなある日、東京でタクシーに乗っている時に、突然、私が生み出すべき新たなるフゼアのヴィジョンがはっきりしたのでした。ガーデンパーティやエドワード朝のダンディーな紳士たちのスーツのイメージに沿って香りは自然に生まれました。

クリスティーヌ・ナジェル

1901~1910年の10年間はエドワード朝時代でした。60年以上続いたヴィクトリア女王の時代が終焉し、エドワード7世が即位したこの時代は、1914年の第一次世界大戦が起こる前の平和な時代であり、〝英国のファッションと芸術〟が花開いた時代でした。

そんな嵐の前の静けさの中、クールなエレガンスを純粋に追求したそのエッセンスを21世紀に蘇らせたのがこの〝女性調香師が極東の一都市のタクシーの中で閃いたネオフゼア〟の香りなのです。

スポンサーリンク

ラベンダーの代わりにバーベナを使用したネオフゼア

この香りは、クリーンな草の香りそのものです。大自然を謳歌することが出来るサマーガーデンで完璧に着飾った人々の姿を思い起こさせます。一般的なフゼアは、ラベンダーをはじめとする複数の香料で作られています。しかし、この香りでは、ラベンダーの代わりにバーベナを使用し、よりモダンな解釈をしています。

クリスティーヌ・ナジェル

20世紀を迎えるガーデンパーティのひと時。弾けだすベルガモットの苦味が、いぶし銀のエレガンスを感じさせる中、レモン・バーベナとバジルがアロマティックなハーモニーを奏でながら合流し、触れるものすべてを草原の輝きで包み込んでくれます。

豪華な装飾が施された衣装を着る男性のようにエレガントでキレの良いゼラニウムが、甘い色気(=クマリン)を加えながら、透き通るようなベチバーとシダーによりクールビューティーな男の魅力を放ちはじめます。

ここで女性調香師の恐ろしい企みを私たちは知ることになります。この香りは、男性だけでなく女性にとっても魅力的なフゼアであるように調香されているという点です。宝塚の男役が感じさせる、男性には決して放つことの出来ないダンディズムを生み出すことが出来る香りなのです。

ドライダウンもまたとても美しく、パチョリとバニラによって香り全体が、ソーピィーかつハーバルグリーンな空気に包まれ、去って行く白馬の騎士を見つめる乙女心を掻き立てるような余韻を生み出してくれるのです。

おんなごころを男性に芽生えさせ、男装の麗人には、おんなごころを決して忘れさせないとんでもなく悲しく美しい哀愁のドライダウンと言わせてください。

ちなみに5種類の香りのうちクリスティーヌ・ナジェルは、個人的に身に纏うとしたらこの香りをチョイスすると回答しています。「この香りは太陽のようです。この香りを中心に、気分や場面に応じて色々な香りとコンバイニングすると、新しい輝きと煌きが誕生するのです」という理由からです。とりわけ「ウッド セージ & シーソルト コロン」との重ね付けは圧巻です。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ゼラニウム & バーベナ コロン
原名:Geranium & Verbena Cologne
種類:オーデ・コロン
ブランド:ジョー・マローン・ロンドン
調香師:クリスティーヌ・ナジェル
発表年:2015年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/17,600円


トップノート:レモン・バーベナ、ベルガモット、バジル
ミドルノート:ゼラニウム、ネロリ、クマリン
ラストノート:ベチバー、シダー、パチョリ、バニラ

タイトルとURLをコピーしました