その他

ダージリンティー・コロン (セルジュ・マジョリエール)

    香水名:ダージリンティー・コロン Darjeeling Tea オーデ・コロン
    ブランド:ジョー・マローン・ロンドン
    調香師:セルジュ・マジョリエール
    発表年:2016年
    対象性別:ユニセックス
    価格:75ml/28,080円、175ml/46,440円
    公式ホームページ:ジョー・マローン






    シングルノート:黒茶、ジャスミン、フリージア、ダバナ

    私たちは春先、雲に覆われたヒマラヤの丘陵地で、ダージリンの輝くような新芽が顔を出す様子をイメージしました。

    セルジュ・マジョリエール

    2016年4月に、ブランド最高峰のフレグランスコレクション「レア・ティー・コレクション」が発売されました。その全6作品のうちのひとつが「ダージリンティー・コロン」です。

    「ファーストフラッシュと呼ばれる春摘みのダージリンの新芽。輝くようなジャスミンの華やかな香り、クールな表情を添えるフリージア。インディアン・ダヴァナ(ヨモギの一種)がアプリコットノートを加え、酔いしれるような、それでいて崇高な香りです。」(公式ホームページより)

    コレクションの全ての香りは、セルジュ・マジョリエールによる調香です。ヒンドゥー教の聖地カンチェンジュンガ(8,598m)=ヒマラヤ山脈の山麓にある標高約2100mのダージリンの茶葉を、45時間アルコールで浸出すると、見事なホワイトフローラルの香りを放つようになります。

    ダージリンの香りを際立たせる為、輝くようなホワイトフローラルのノートを持つジャスミン・アブソリュートを加えました。フリージアで弾ける花の、ダヴァナでフルーツの香りを添えています。インドのハーブ、ダヴァナはフレグランスにはあまり使用されませんが、実はフルーティな香りを持つことで知られています。

    セルジュ・マジョリエール


    さてここで、最高級のダージリンティーの意味を知るためにも、ダージリンティーについて箇条書きしておきましょう。

    1. 緑茶、烏龍茶、紅茶は元は同じ茶樹。酸化酵素の度合いにより不発酵=緑茶、半発酵=烏龍茶、完全発酵=紅茶となる。
    2. 紅茶とは、摘み取った茶の葉と芽を乾燥させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉。
    3. ダージリンティーは、世界三大銘茶(紅茶)のひとつ。他の二つは、中国のキーマン、スリランカのウバ
    4. 「紅茶のシャンパン」と呼ばれている。
    5. インド北東部にあるヒマラヤ山麓のダージリン地方で生産される紅茶。寒暖の差の激しさが、味・コク・香りの充実した茶葉を育てる。
    6. 赤みの薄いオレンジ色の水色が特徴。
    7. 春夏秋の三回に渡り紅茶の葉は摘まれる。ファースト・フラッシュは、収穫量が少なく高値で取引される。セカンドフラッシュは、マスカテルフレーバーと呼ばれる、味・コク・香りともに一年中で最も充実した最高級品を生み出す。オータム・フラッシュは、味には渋みが加わる。中級品。

    ちなみに、このフレグランスは、セカンドフラッシュのものではなく、ファーストフラッシュの茶葉が使用されています。



    関連記事

    1. ソレイユブラン (ナタリー・グラシア=セット)
    2. タスカン・レザー (ジャック・キャヴァリエ、ハリー・フレメント)…
    3. フロレンタイン・アイリス (ジャック・キャヴァリエ)
    4. ノワール・デ・ノワール (ジャック・キャヴァリエ、ハリー・フレメ…
    5. カルヴェン・ラプソリュ (フランシス・クルジャン/ジェローム・デ…
    6. オー・ノワール (フランシス・クルジャン)
    7. ロード・ナビガトゥール (ジャン=クロード・エレナ/ジャン・ラポ…
    8. イングリッシュ・オーク & レッドカラント・コロン (…

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP