究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【グレ】カリーン(ティエリー・ワッサー)

その他
@Parfums Grès
その他ティエリー ワッサーブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

カリーン

原名:Caline
種類:オード・トワレ
ブランド:グレ
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2005年(現在廃盤)
対象性別:女性
価格:30ml/5,500円、50ml/8,000円

スポンサーリンク

少し不思議なロータス・グルマンの香り

@Parfums Grès

@Parfums Grès

1959年に「カボシャール」という伝説的なフレグランスを発売したグレより、2005年に発売された「カリーン」は、フルーティーフローラルの香りです。フィルメニッヒ時代のティエリー・ワッサーにより調香されました。

「カリーン Caline」とは、フランス語(正確にはカリーヌ)で「愛らしい」という意味です。

ツタの持つグリーンノートに引き寄せられて、酸味が際立ちながらもなぜか爽やかさを感じさせるグレープフルーツが主体となった、青リンゴとマンダリン・オレンジのブレンドからこの香りははじまります。

すぐに現れるプラムの甘酸っぱさを、爽やかなジャスミンとパウダリーなミモザがふんわりと包み込んでいく中、ウォーターグリーンなロータスがアクアティックな水上庭園へと、背景を一変させます。

やがて、プラムはムスクの風に乗り、プラリネとバニラが肌の上で溶ける中、チョコレート・トリュフのような甘い香りへと到達します。ただひとつ難点があるとすれば、ロータスとグルマンの調和が、どこか奇妙な化学薬品臭を連想させてしまうということです。

水面に浮かぶ蓮(ロータス)のようなボトル・デザインは、ブルガリオムニア・シリーズのボトル・デザインも担当したファブリース・ルグロによるものです。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「クラシック音楽のピアノ曲で、フランツ・リスト作「ラ・カンパネラ」は最高音部の絶妙なつなぎが聴きどころだ。いかに右手で一音一音を明瞭かつ表情豊かに奏でるか、そこがポイントになる。最近のホワイトフローラルの傾向もそうだ。」

「広がりのある華やかな香りで、人には理解できず、耐えることもできない領域まで華やかさを追求した結果の産物といえそうだ。こうした香水に出会うと、自分の嗅覚能力が失われてしまったのかと思ってしまう。」と3つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:カリーン
原名:Caline
種類:オード・トワレ
ブランド:グレ
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2005年(現在廃盤)
対象性別:女性
価格:30ml/5,500円、50ml/8,000円


トップノート:マンダリン・オレンジ、ツタ、グレープフルーツ、アップル
ミドルノート:プラム、ジャスミン、ロータス、ミモザ
ラストノート:トンカビーン、ムスク、バニラ、プラリネ

タイトルとURLをコピーしました