究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】べゼ ドゥ ルシー(ティエリー・ワッサー)

ゲラン
©GUERLAIN
ゲランティエリー ワッサーブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

べゼ ドゥ ルシー

原名:Baiser de Russie
種類:オード・パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2018年
対象性別:女性
価格:125ml/33,600円

スポンサーリンク

レーテーの忘却の河の香り

©GUERLAIN

©GUERLAIN

©GUERLAIN

ゲランの名香アーカイブから復刻した「パトリモワンヌ コレクション(レ パリジェンヌ・コレクション) 」より、ゲラン創業190周年を記念し、2018年10月1日から発売された「べゼ ドゥ ルシー」は、フランス語で「ロシアの口づけ」を意味します。


かつて「ヴォワイヤージュ」コレクションで人気を博した「モスクワ」(2009)の復刻版です。ゲランの五代目調香師ティエリー・ワッサーにより調香されました。

モスクワ女性のボーホー・シックなルックを賞賛するというこの香りは、ベルガモットとレモンの爽やかな風に包まれながら、梅(プラム)と松の葉をアブサンに漬け込んだような不思議な香りからはじまります。それはまるで、ギリシア神話に出てくるレーテーの河の水のようです。この緑の水を飲むと死者は生前の記憶をすべて忘れるのです。

やがて、クランベリーがクリーミーなキャラメルにかき混ぜられながら、ジャスミンの花びらが一斉に花開き、華々しいフローラルグルマンへと一気に香りが切り替わります。それでいて香りの根底に流れるあの忘却の河(松の葉とプラムに包まれたハーバルなアブサンの河)は最後までずっと感じ取ることが出来るのです。

本気であらゆる記憶を忘れさせてくれそうなベースのサンダルウッド、トンカビーン、ホワイトムスク、バニラがそれぞれの香りを認識できないほどにとてもよくブレンドされています。

©GUERLAIN

ちなみに2016年にモスクワ限定で発売された「プリマ バレリーナ」は、ボリショイ劇場を讃える香りとして360ユーロ(400ドル)で発売されたのですが、この香りも「モスクワ」(2009)の復刻版でした。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:べゼ ドゥ ルシー
原名:Baiser de Russie
種類:オード・パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2018年
対象性別:女性
価格:125ml/33,600円


トップノート:ベルガモット、プラム、レモン、アブサン、松葉
ミドルノート:クランベリー、ジャスミン
ラストノート:キャラメル、サンダルウッド、トンカビーン、ホワイトムスク、バニラ

タイトルとURLをコピーしました