究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

2018-09-11

アン・フリッポ

【ランコム】ラヴィエベル(オリヴィエ・ポルジュ/ドミニク・ロピオン/アン・フリッポ)

香水データ(オード・パルファム) 香水名:ラヴィエベル La Vie Est Belle オード・パルファム ブランド:ランコム 調香師:オリヴィエ・ポルジュ、ドミニク・ロピオン、アン・フリッポ 発表年:2012年 対象性別:女性...
その他

テンダーキス (アン・フリッポ)

香水名:テンダーキス Tendre Kiss オード・パルファム ブランド:ラリック 調香師:アン・フリッポ 発表年:2002年(日本販売終了) 対象性別:女性 価格:50ml/7,000円 トップノート:ラ...
アン・フリッポ

【ラルチザン】青いスミレ(ヴェルテ ヴィオレ)(アン・フリッポ)

「ヴェルテ・ヴィオレ」とは、フランス語で「緑のスミレ」という意味です。であるにも関わらず邦題は、「青いスミレ」になっているのですが、その意図を私は知らない。アン・フリッポにより調香されました。
アン・フリッポ

【ラルチザン】私のミモザ(アン・フリッポ)

ミモザというフレグランスではあまり使用されない素材は、ユニセックス・フレグランスにはまず使用されません。そんなミモザに挑戦した香り。「ボクのミモザ」。フローラル・グリーンの香りは、アン・フリッポによる調香です。
アン・フリッポ

【ラルチザン】ちょうちょをつかまえて(シャッセ オ パピオン)(アン・フリッポ)

世界中で最も売れているラルチザンの香りです。「シャッセ オ パピオン」とはフランス語で「蝶々の採集」という意味ですが、日本語名の「ちょうちょをつかまえて」の方が、この香りのイメージに合います。アン・フリッポによって調香されました。
アン・フリッポ

【ラルチザン】イリス パリーダ(アン・フリッポ)

ラルチザンが打ち出していたウルトラ・リミテッド・フレグランス・シリーズ(ハーベスト・シリーズ)の第三弾「イリス・パリーダ」。特別に豊作(グランクリュ)だったイタリア・トスカーナのアイリスを花から根茎までまるまる使用しています。アン・フリッポによって調香されました。
アン・フリッポ

【ラルチザン】フルール ド ナルシス(アン・フリッポ)

ラルチザンが打ち出していたウルトラ・リミテッド・フレグランス・シリーズ(ハーベスト・シリーズ)の第二弾「フルール・ド・ナルシス」=「水仙の花」。この頃は、ラルチザンの専属調香師のようなポジションにいたアン・フリッポによる調香です。
タイトルとURLをコピーしました