究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

ワイルド (アニック・メナード/ダフネ・ブジェ)

その他
その他アニック・メナードブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

香水データ

香水名:ワイルド Wild オード・トワレ
ブランド:ディースクエアード
調香師:アニック・メナード、ダフネ・ブジェ
発表年:2014年(廃盤)
対象性別:男性
価格:日本未発売


シングルノート:樹脂、オポポナックス、ラブダナム、サイプレス、アンバー、土壌、セイヨウオトギリ、サントリナ

スポンサーリンク

香水広告フォト&動画




スポンサーリンク

香水についての解説

2014年9月に発売されたディースクエアードのメンズ・フレグランス「ワイルド」は、一般的な社会概念の中で、小さく纏まらないで、自由に生きる男をイメージした香りです。

ファッション・フォトグラファー、スティーヴン・クラインによるキャンペーン・フィルムがこの香りのテーマが、馬力のある男=こんな男に一晩中メロメロに骨抜きにされたいというテーマであることを伝えてくれます。

ダン・ケイティンもこの香りのテーマは、「コンドームなしのセックス」だと言及しています。ボトルにハーネスのついたビザールチックなデザインもそのテーマに合致しています。

そんな馬小屋の干し草の上でセックス(それも男と女のセックスではなく、男と男のセックスがイメージだろう)の香りを二人の女性調香師アニック・メナードと麗しのダフネ・ブジェが創ったというところがこの作品の面白さなのです。

だが、その実態は、女性が作り上げた精液の香りさえもする「野生の男の香り」ではなく、「白衣を着た科学者の男の香り」でした。柑橘系からウッディへと加速していく、甘めのスポーツ・フレグランスです。正式名称をつけるならば、「ディースクエアード・スポーツ」でしょう。

タイトルとURLをコピーしました