エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【キリアン】ローリング イン ラブ(パスカル・ゴーラン)

その他
その他 キリアン ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約5分で読めます。

ローリング イン ラブ

原名:Rolling in Love
種類:オード・パルファム
ブランド:キリアン
調香師:パスカル・ゴーラン
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/30,800円
公式ホームページ:高島屋オンラインストア

By Kilian バイキリアン ローリング イン ラブ バイキリアン オードパルファム ROLLING IN LOVE BY KILIAN EAU DE PARFUM

価格:31,000円
(2020/4/2 19:36時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

「キリアン パリ」新たなるキリアン


Rolling in Love – the new fragrance #KILIANPARIS
Reem Alsanea x KILIAN PARIS – Rolling In Love

キリアン」というブランドは、いつのまにか「キリアン パリ」という名称に変わっているのですが、これはこの香水に対するキリアン・ヘネシーの心境と同じく、彼自身のある心境の変化のためでした(一部の日本のメディアではまだ「バイ キリアン」と紹介しているが、もうそういう呼び方はしていない)。

ブランド名の変化のきっかけは、キリアンが、スペインのバルセロナ旅行において訪問したピカソ美術館で受けた衝撃によるものでした。青の時代(1901年~1904年)とばら色の時代(1904年~1906年)を経て、キュービズムに辿りつくパブロ・ピカソの進化の歴史を見て、キリアンも同じように進化していかなければならないと覚醒したのでした。

そのための第一弾がこの香り「ローリング イン ラブ」なのです。それは明らかにキリアンの名香「ラブ」を進化させたネーミングなのです。そして、今までの香りのように、複雑な感情を呼び覚ますものではなく、シンプルな香り=「ただ愛だけのために」作られた香りなのです。

オリエンタル・フローラルの香りは、パスカル・ゴーランにより調香されました。キリアン自身が〝白〟の香水と呼ぶこのフレグランスのボトルカラーは鮮やかな赤色です。

香りは明らかにトム・フォードの「ロストチェリー」を意識されており、あちらの弱いチェリーの香り立ちを、こちらはチェリーチックなピーチに置き換えています。そして、そこにアンブレットとアーモンドミルクをブレンドして、愛のはじまりの高揚感をストレートに演出しています。やがて、アイリスとフリージアが登場し、愛は絶頂に達します。

そして、ラストにバニラ、ムスク、チューベローズ、トンカビーンが生み出すほんのりとアルコールを感じさせる優しい甘さに香り全体が包まれるのです。きらめく甘さに満ちたこの香りの真意を理解するためには、一人の女性の存在を語らなければならないでしょう。

女帝エリザベス・ジョーンズ・ヘネシー

その女性の名を、エリザベス・ジョーンズ・ヘネシーと呼びます。彼女こそがキリアン・ヘネシーの二番目の妻であり、キリアンというブランドの影の女帝なのです。彼女の存在があればこそ、キリアンはこれだけ大きくなったと言っても過言ではありません。エリザベスは、キリアンのアメリカにおけるマーケティング・マネージャーに就任する前は、サックス・フィフス・アベニューとバーグドルフ・グッドマンの美容バイヤーを10年間勤めていました。そして、この時に、キリアンの香水を扱うようになり、二人は恋に落ち、その後6年間キリアンのために働き、共に離婚して、現在は再婚を果たしているのです。


そんな彼女の宿願が、キリアンというブランドをただ香水だけで終わらせずにトータル・ビューティーを提案するブランドへと進化させることでした。それが今年の2月にアメリカで発売されたメークアップライン「ル ルージュ パルファム」なのです。12種類のリップスティックには香料が用いられている特殊な仕様になっており、2カ月で7万個完売したと言われています(日本には10月中に上陸予定であり、キリアンの販売員は、必ずこのリップをつけないといけない)。

このエリザベスという女性の恐ろしさは、自身の存在は、全くキリアンというブランドとは別の存在として立ち振る舞っているところにあります。あくまでもキリアンの主役はキリアン・ヘネシーであることを心得ているのです。しかし、このブランドの頭脳は、紛れもなくあのバーグドルフ・グッドマンで敏腕美容バイヤーとして叩き上げられた彼女なのです。

だからこそ、この「ローリング イン ラブ」のボトルカラーは赤であり、広告フォトも「ル ルージュ パルファム」のリップと対になっており、ゴージャスで官能的な21世紀の美人像を創造するキリアンのブランド・イメージを巧みに作り上げているのです。

最後にこの人こそが、エリザベス・ジョーンズ・ヘネシーです(隣の男性はキリアンではない)。夫に負けない圧倒的なオーラがあります。

香水データ

香水名:ローリング イン ラブ
原名:Rolling in Love
種類:オード・パルファム
ブランド:キリアン
調香師:パスカル・ゴーラン
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/30,800円
公式ホームページ:高島屋オンラインストア


トップノート:アンブレット、アーモンドミルク
ミドルノート:フリージア、アイリス
ラストノート:バニラ、ムスク、チューベローズ、トンカビーン

By Kilian バイキリアン ローリング イン ラブ バイキリアン オードパルファム ROLLING IN LOVE BY KILIAN EAU DE PARFUM

価格:31,000円
(2020/4/2 19:36時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました