究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

マドンナ伝説6(3ページ)

アンドロギュヌス
アンドロギュヌスマドンナ反逆のファッション反逆の歌姫たち音楽
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ポップスターとは何か?

「トゥルー・ブルー」 1986年9月リリース。全米3位、全英1位

マドンナは熱愛中だった。はっきりしているのは、恋をしているときマドンナはラヴ・ソングを書くし、そうでないときには絶対にラヴ・ソングは書かない、ってことだ。

スティーヴ・ブレイ(共同プロデューサー)

1985年8月にショーン・ペンと結婚し、大恋愛中だったマドンナのこの曲は、彼に対する真実の愛を歌うものでした。1960年代のモータウンの女性グループのような曲調(1957年のフォードのサンダーバードのコンバーチブルに乗って)です。日本においては、この曲とタイアップした三菱HiFiビデオデッキのテレビCMで、本当の意味でマドンナは、日本中の老若男女にまで知られる存在となりました。

この第2形態において、マドンナは、ハリウッドのエアロビクス・クラスに通い作り上げたボディを誇示するのですが、この曲においてはそれほどの露出はしていません。しかし、テレビCMの中のマドンナは違います。もうどうしようもないくらいに彼女に夢中になってしまいそうな、女性の持つすべての魅力に満ち溢れています。

MTVとテレビ時代である1980年代は、バブル時代の到来と共に、ポップカルチャーに席巻されます。ここでマドンナが言った言葉で実に興味深い言葉があります。

歌を始めた頃、クリッシー・ハインド(プリテンダーズのヴォーカル)にはすごく触発されたわ。すばらしい声をしてるし、ガッツがあると思ったのよ。

マドンナ

『ポップ』っていう言葉はポピュラー(人気者)の略だけど、人気者であり続けるためには自分の意志を持ったり、ズケズケものを言ったりしちゃダメなのよ。あまのじゃくは人気者にはなれないの。もしジャニス・ジャプリンが今この世に生きてたとしたら、一般受けするアーティストではなかったと思うわ。クリッシー・ハインドのレコードは、マライア・キャリーほどは売れないでしょ?それはマライアやホイットニー・ヒューストンには、自分の考えなんてこれっぽっちもないからよ。

マドンナ

真実の青。当時のマドンナもまたどんどん白くなっていた時代でした。

ワンピースの下はカプリパンツです。

このファッションは、15年後に世界的にリバイバルしました。

かなり凝ったブルーのワンピースです。実は、セパレーツ。

スポンサーリンク

『トゥルー・ブルー』ライブ・パフォーマンス


フー・ザット・ガール・ツアー。1987年。日本。

タイトルとURLをコピーしました