究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ステラ マッカートニー】L.I.L.Y(リリー)(ジャック・キャヴァリエ)

その他
その他ジャック・キャヴァリエブランド調香師香りの美学
この記事は約4分で読めます。

L.I.L.Y(リリー)

原名:L.I.L.Y
種類:オード・パルファム
ブランド:ステラ・マッカートニー
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2012年
対象性別:女性
価格:50ml/9,975円

STELLA McCARTNEY リリー オーデパルファム 30ml ホワイト ステラマッカートニー 【中古】

価格:4,200円
(2020/8/18 15:28時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

ステラ・マッカートニーのプライベート・ブレンド

2003年にステラ・マッカートニーがファースト・フレグランス「ステラ」を発表してから9年後に発売されたセカンド・フレグランス。それが「リリー」です。

フローラル・シプレーのこの香りは、「ステラ」に引き続きジャック・キャヴァリエにより、3年もの歳月をかけて調香されました。

幼少期に、サセックスの田園地帯で育てられたステラ・マッカートニー自身の子供時代の思い出からインスパイアーされた香りです。

この「リリー」とは、父ポール・マッカートニーが、(1998年に乳癌で亡くなった)母リンダ・マッカートニーにつけたニックネームから来ています。それはリンダ・アイ・ラブ・ユー(Linda I Love You)という意味です。それにステラ自身と母が愛した花スズラン(英語名リリー・オブ・ザ・バレー)を掛け合わせています。

この香りは、ブランドのための香りというよりも、ステラ・マッカートニー自身が本当に使用したいスズランの香りを作ることを念頭に生み出された香りです。

ちなみにステラ自身は、ほとんどフレグランスを身に纏うことはなく、華やかな香りに対しては、自分の元々の個性が消されてしまうようで拒否反応が生まれてしまうと考える人なのです。

ステラ・マッカートニーのスズラン

リンダ&ポール&ステラ・マッカートニー

私はスズランという花を愛しています。それは息を呑むほど美しい花です。本当に新鮮で、純粋無垢に見える花です。日の光を直接浴びなくても、日陰でもよく育ち、春のほんの一時だけ咲くという儚さもまたスズランの持つ魅力です。

壊れやすくて、無垢で、繊細で、白い花と緑の葉のコントラストが素晴らしくて、そんなスズランのすべての面を捉えた香りを作ることは大変なチャレンジでした。そして、古臭いというイメージもあるスズランの香りを現代的に捉えることにも同時に挑戦しました。

ステラ・マッカートニー

「リリー」は、スズランの男性的な側面と素朴さ、そして、〝春のイギリスのカントリーサイドの情景〟を捉えた香りです。

製作に当たり、まず最初にステラはキャヴァリエに、パリのレストランでインスピレーションを得たという、(高級レストラン用の)トリュフの天然エキスを使用することを提案しました。

そして、いくつかのスズランの試作品を作ってもらいその中からステラ自身が、「クリーンで単純な香りが良い」というコンセプトで選びあげたものが本作なのです。それは清潔で控えめかつモダンなスズランの香りです。

ペッパーの効いたグリーンなスズランにトリュフの馥郁さが生み出すウォータリーな優しい香りからはじまります。すぐにベースのオークモスが特定しづらいフローラルノートとブレンドされ、大地に咲く花々の素朴さを連想させる香りで包み込んでいきます。

アールデコ調のカットクリスタルグラスを使用したボトルデザインは、英国のアンティークな花瓶や食器を連想させ、光と闇、女性らしさと男性らしさの交錯をイメージしています。

キャンペーン・モデルとしてポーランド人ファッション・モデル、マウゴザタ・ベラ(1977-)が起用され、ステラ自身が望んだコンセプトであるナチュラル・メイクで撮影は行われました。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:L.I.L.Y(リリー)
原名:L.I.L.Y
種類:オード・パルファム
ブランド:ステラ・マッカートニー
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2012年
対象性別:女性
価格:50ml/9,975円


トップノート:トリュフ、ペッパー
ミドルノート:ピンクペッパー、スズラン
ラストノート:ムスク、パチョリ、オークモス、アンブレット

【最大500円OFFクーポン】ステラ マッカートニー STELLA McCARTNEY リリー オードパルファム EDP SP 50ml 【香水】【あす楽休止中】【送料無料】

価格:6,303円
(2021/5/10 23:49時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました