究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【バイレード】レンヌ ド ニュイ(ジェローム・エピネット)

その他
その他バイレードブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

レンヌ ド ニュイ

原名:Reine de Nuit
種類:エクストレ・ドゥ・パルファン
ブランド:バイレード
調香師:ジェローム・エピネット
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/44,000円
販売代理店ホームページ:meeco

スポンサーリンク

豪華絢爛に飾り立てられた枯れ果てたバラの香り



2006年に創立されたバイレードから、2015年から2016年にかけて6種類発売された〝ナイト ヴェールズ〟コレクションは、バイレードの最上級コレクションであり、究極の官能的な〝夜光虫〟シリーズとも言えます。

2019年にそのうちの3種類が復刻したのですが、そのひとつが「レンヌ ド ニュイ」(=夜の女王)です。ブラックカラントの枝にからまった魅惑のバラ=花の女王というイメージで生み出されたこの香りは、ジェローム・エピネットにより調香されました。

漆黒の森の中、突然照らされるスポットライトのようにフレッシュスパイシーなサフランが香りを放ちます。と同時に、そのスポットライトの先には、目許を潤ませたブラックカラントが光沢のあるボディラインを輝かせるように、シロップのように甘酸っぱくバルサミックに香ります。

空気は澄み渡っています。パチョリがだんだんと存在感を増していく中、スモーキーなインセンスが、サフランと混じり合い、香りをより神秘的なものにしてゆきます。

そして、いよいよアンブレット、アンバーを従え、夜の女王=ミッドナイトローズの光臨と相成るわけなのです。かくしてウードのように変形したサフランは、ベートーヴェンの交響曲第5番≪運命≫の第4楽章を奏ではじめるのです!

闇よ去れ!我に明かりを!と言わんばかりにパチョリが絶頂する中、ブラックカラントとウードサフランもそれに応え、ダークローズはうねるような明るい香りに包み込まれながら、実は枯れ果てたその姿を明らかにした瞬間、光の中に塵のように消えてゆくのです。

本当にこの香りの中には、ローズの要素が存在していたのだろうか?という疑念さえも浮かんでくる〝幻想的な枯れたバラの香り〟です。

香水データ

香水名:レンヌ ド ニュイ
原名:Reine de Nuit
種類:エクストレ・ドゥ・パルファン
ブランド:バイレード
調香師:ジェローム・エピネット
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/44,000円
販売代理店ホームページ:meeco


トップノート:ブラックカラント、サフラン
ミドルノート:ローズ、インセンス
ラストノート:パチョリ、アンブレット、ブラックアンバー

タイトルとURLをコピーしました