究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【グタール】ル ミュゲ(カミーユ・グタール/イザベル・ドワイヤン)

その他
©Goutal Paris
その他アニック・グタールブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

ル ミュゲ

原名:Le Muguet
種類:オード・トワレ
ブランド:グタール
調香師:カミーユ・グタール、イザベル・ドワイヤン
発表年:2001年
対象性別:女性
価格:50ml/13,545円、100ml/17,640円

スポンサーリンク

〝愛され愛することを知った〟スズランの香り

©Goutal Paris

2001年にグタールより限定発売された「ル ミュゲ」は、日本ではバーニーズニューヨークやOPAQUEで不定期に発売され、グタールの代理店がブルーベル・ジャパンになってからは、2011年4月に『レ ソリフローレ』コレクションのひとつとして日本においても再び限定発売されました(2012年2月15日にも再度限定発売された)。

カミーユ・グタールイザベル・ドワイヤンにより調香されたこの香りは、〝ミュゲ〟つまりスズランの香りです。

金管楽器が演奏前にチューニングするような強いスズランのジューシーなグリーンノート(バナナのような)からこの香りははじまります。すぐにレッドベリーとレッドローズのフルーティフローラルな伴奏により、スズランの涼しげな甘い音色が引き立てられてゆくのです。

やがて、ベンゾインが、愛娘が演奏する姿を温かく見守るお母さんの眼差しのように、円やかなクリーミーさとパウダリー感でスズランの音色を優しくふんわりと包み込んでくれるのです。

そして、演奏中にそんな母の温かい眼差しに気づき、頬を赤らめるようにほんのりとレッドローズが控えめに香り、心まで温まる、やさしい余韻を残してくれるのです。

冷たいスズランではなく、愛情を一身に受け、愛され愛することを知ったスズランがそこにおられます。凛と澄ましていた麗しいお嬢様が、やわらかい表情になられたようなそんなスズランの香りです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ル ミュゲ
原名:Le Muguet
種類:オード・トワレ
ブランド:グタール
調香師:カミーユ・グタール、イザベル・ドワイヤン
発表年:2001年
対象性別:女性
価格:販売終了


シングルノート:スズラン、ベンゾイン、レッドベリー、ローズ

タイトルとURLをコピーしました