その他

ファッキン・ファビュラス(F ファビュラス) (シャマラ・メゾンデュー)

    香水名:ファッキン・ファビュラス(F ファビュラス) Fucking Fabulous オード・パルファム
    ブランド:トム・フォード
    調香師:シャマラ・メゾンデュー
    発表年:2017年
    対象性別:ユニセックス
    価格:50ml/37,800円
    販売サイト:伊勢丹オンライン






    トップノート:クラリセージ、ラベンダー
    ミドルノート:ビター・アーモンド、バニラ、レザー、ニオイイリス
    ラストノート:トンカ・ビーン、レザー、カシミアムスク、アンバー、ホワイト・ウッズ


    「とてつもなくファビュラス=こんなのは・じ・め・て」という名称のこの香りは、エスティ・ローダー・グループの意向を全く無視して、トム・フォード自身が独断でネーミングを決定しました。それは、同時期に発売されたMACの限定パレット「ベーシック・ビッチ」以上に挑発的なネーミング・センスです。

    トム・フォードのプライベート・ブレンド・コレクションの中でも、極めつけにエクスクルーシブな香水です。それは2017年9月のニューヨーク・ファッション・ウィーク(2018年SS)に発売されました(日本では、ファッキンを赤い傍線で隠すことによって、2018年5月25日から発売開始している)。

    退廃的なオリエンタル・レザーの香りは、シャマラ・メゾンデューによる調香です。しかし、4万円近くのお金を出して〝ファッキング〟なんて品のないネーミングの香水を購入したいかという点につきあたります。トム・フォードらしいのか、迷走しているのかわからないのですが、肝心の香りは、瞑想が出来そうな深遠な香りです。



    関連記事

    1. トム・フォード・ノワール・エクストリーム (ソニア・コンスタント…
    2. フラワー・エア・オーデパルファム (アルベルト・モリヤス)
    3. N°22 (エルネスト・ボー/ジャック・ポルジュ)
    4. ル・ベゼ・デュ・ドラゴン (アルベルト・モリヤス)
    5. バカラ・ルージュ540 (フランシス・クルジャン)
    6. ビービー (フランシス・クルジャン)
    7. エピス・マリン (ジャン=クロード・エレナ)
    8. フラワー・バイ・ケンゾー (アルベルト・モリヤス)

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP