究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

2019-03-28

クリスチャン・ディオール

【ディオール】ディオール アディクト シリーズの全て

2002年から発売されている、クリスチャン・ディオールの人気フレグランス「ディオール アディクト」シリーズについて語るときに最も容易な方法は、リップとグロスを含めた歴代の「ディオール アディクト」キャンペーン・フィルムを見てみることだろう。
オリヴィエ・ポルジュ

【ディオール】ディオールオム シリーズの全て

エディ・スリマン・プロデュースによるディオール オムのフレグランス・シリーズは、2005年にスタートしました。それは現シャネルの専属調香師オリヴィエ・ポルジュとのタッグによって生み出されました(どこか二人の雰囲気は似ている)。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】プワゾン ガール アンエクスペクティッド(フランソワ・ドゥマシー)

一言、その名の通り、高価な天然香料にスパイシーな香料を組み合わせるという予想外(アンエクスペクティッド)な調香で生み出されたスパークリング・フローラルの香りです。ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーによる調香です。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】プワゾン ガール オードゥトワレ(フランソワ・ドゥマシー)

オード・パルファム発売の一年後の2017年1月に発売されたオード・トワレです。そして、実際の所、両方の香りは全く違うものでした。甘く官能的な香りの斬新な調香は、ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーによるものです。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】レザー ウード(フランソワ・ドゥマシー)

フレグランスコレクション「メゾン クリスチャン ディオール」のひとつ「レザー ウード」は、ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーにより調香されました。ウッディー・フレグランスの幻の作品とも言われる日本未上陸の名香です。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】ミス ディオール オードゥ トワレ(フランソワ・ドゥマシー)

21世紀に入り、はじめて発売された「ミス ディオール」のオード・トワレ版です。それは2013年3月に発売されました。ロマンティックでモダンなフレッシュ・フローラル・シプレーの香りは、ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーによる調香です。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】ウード イスパハン(フランソワ・ドゥマシー)

フレグランスコレクション「メゾン クリスチャン ディオール」のひとつとして、オリエンタル・フローラルのこの香り「ウード イスパハン」は、ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーにより調香されました。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】ミス ディオール(2012)(フランソワ・ドゥマシー)

ミス ディオール オードゥ パルファンという名のフレグランスは、3種類存在します。1947年版(オリジナル)と、この2012年版、そして、最新の2017年版です。フルーティーな甘さが抑えられたシプレー系の香りはフランソワ・ドゥマシーによる調香です。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】ラッキー(フランソワ・ドゥマシー)

ディオールの最上級フレグランスコレクション「メゾン クリスチャン ディオール」より2018年に発売された「ラッキー」は、迷信深かったクリスチャン・ディオールが、スズランをラッキーチャームとしていたことからインスパイアされた香りです。フランソワ・ドゥマシーにより調香されました。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】ニュールック 1947(フランソワ・ドゥマシー)

フレグランスコレクション「メゾン クリスチャン ディオール」のひとつとして「ニュールック 1947」は、2010年にディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーにより調香され、2018年のリニューアル版もそれほど香りは変えられていません。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】コローニュ ロワイヤル(フランソワ・ドゥマシー)

ディオールの最上級フレグランスコレクション「メゾン クリスチャン ディオール」より、クリスチャン・ディオールが憧れた18世紀の宮廷生活からインスピレーションを得て生まれたこのコロンは、ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーにより調香されました。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】ラ コル ノワール(フランソワ・ドゥマシー)

ディオールの最上級フレグランスコレクション「メゾン クリスチャン ディオール」の中のひとつとして、クリスチャン・ディオール自身が最も愛した花ローズ・ドゥ・メを主題にしたこの香りは、ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーにより調香されました。
タイトルとURLをコピーしました