究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

2018-08-12

ブラッド・ピット

ブラッド・ピット10 『オーシャンズ13』1(3ページ)

作品名:オーシャンズ13 Ocean's Thirteen (2007) 監督:スティーブン・ソダーバーグ 衣装:ルイーズ・フログリー 出演者:ジョージ・クルーニー/ブラッド・ピット/アル・パチーノ/マット・デイモン/エレン・バーキン...
カルティエ

【カルティエ】ラ パンテール(マチルド・ローラン)

カルティエにとって、〝パンテール〟という名の響きは、神の如き響きです。だからこそ、軽々しくこの名称を使用することはありません。そして、2014年3月にこの名が冠されたフレグランスがマチルド・ローランの調香により発売されることになりました。
カルティエ

【カルティエ】ベーゼ ヴォレ(マチルド・ローラン)

2003年に発売された「ル・ベゼ・デュ・ドラゴン(龍の接吻=キス・オブ・ザ・ドラゴン)」と同じ流れを汲む「ベーゼ」シリーズ。2005年からカルティエの専属調香師であるマチルド・ローランによる調香です。
エルメス

【エルメス】イリス(オリヴィア・ジャコベッティ)

柑橘系が一切存在しない、上品なアイリスの香り。そのネーミングは、イリス(アイリス=菖蒲)と、ギリシア神話の〝虹の女神〟イリスを意味します。女神ヘラに対するイリスの忠誠心を称えた〝女のうなじ〟が示す美学を投影した香りです。オリヴィア・ジャコベッティによる調香です。
その他

【エルメス】エキパージュ(ギ・ロベール)

「馬車、従者、乗務員」を意味する「エキパージュ」に、エルメスは男性の助け合いの精神を投影しています。自己主張するばかりが能ではないことを知る、円熟期を迎えた男性に相応しい香りです。エルメスの最初の男性用香水としてギ・ロベールによって調香されました。
その他

【エルメス】ロカバール(ジル・ロミー)

「力強さと官能性のハーモニー。自然と自由を呼び起こすウッディな男性用フレグランス」。エルメスの馬用のブランケットからインスパイアされた香りです。二種類のシダーにバニラをブレンドした香りは、ジル・ロミーによる調香です。
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】モン パリ クチュール(オリヴィエ・クレスプ/ハリー・フレモント)

2016年、2017年と共に9月に発売された「モン パリ」「モン・パリ オーデトワレ」に引き続き2018年3月に発売された「モン・パリ・クチュール」。オリヴィエ・クレスプ、ハリー・フレモント、ドラ・バクリッシュ・アルノによる調香です。
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】モン パリ オーデトワレ(オリヴィエ・クレスプ/ハリー・フレモント)

2016年9月に発売され、目標売上の4倍以上の売上を更新した「モン パリ」のオード・トワレ・ヴァージョンが2017年9月に発売されました。【モン パリ第二章】のはじまりです。オリヴィエ・クレスプ、ハリー・フレモント、ドラ・バクリッシュ・アルノにより調香されました。
その他

【エルメス】ルージュ エルメス(アキコ・カメイ)

日本人調香師が、世界ではじめてラグジュアリー・ブランドのために調香した歴史的な香りです。後にディプティックの「オイエド」を調香することになるアキコ・カメイ(亀井明子)と、レイモン・シャイランによって、1984年に「パルファム ドゥ エルメス」として調香されたフレグランスがこの香りの原型です。
タイトルとURLをコピーしました