究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

2020年の香り

その他

【武蔵野ワークス】すずらん2020(武蔵野ワークス)

2001年から発売されていた「すずらん」は、武蔵野ワークス様の中でもヒット作の一品でした。ところが、一部原料が入手できなくなり、2019年に廃盤となり、2年の歳月を費やし生み出されたのがこの「すずらん2020」です。
その他

【ペリス モンテカルロ】ラヴァンド ロメイン(ローマのラベンダー)(ジャン=クロード・エレナ)

2011年にモナコ公国モンテカルロで創立されたペリス モンテカルロが、2019年にスタートした『ペリス・コレクション・ドゥ・グラース』の第二弾の香りとして、2020年に「ラヴァンド ロメイン」は発売されました。ジャン=クロード・エレナにより調香されました。
その他

【ペリス モンテカルロ】ミモザ タヌロン(タヌロンのミモザ)(ジャン=クロード・エレナ)

2011年にモナコ公国モンテカルロで創立されたペリス モンテカルロが、2019年にスタートした『ペリス・コレクション・ドゥ・グラース』の第二弾の香りとして、2020年に「ミモザ タヌロン」は発売されました。ジャン=クロード・エレナにより調香されました。
スポンサーリンク
その他

【ラボラトリオ オルファティーボ】マンダリーノ(ジャン=クロード・エレナ)

2009年にイタリアで誕生したニッチフレグランスメゾン、ラボラトリオ・オルファティーボ(嗅覚の実験室)から2020年に発売された「マンダリーノ」は、〝ヴィアッジョ・イン・イタリア(Viaggio in Italia=イタリア紀行)〟コレクションの第一弾としてジャン=クロード・エレナにより調香されました。
クロエ

【クロエ】クロエ ローズタンジェリン(ミシェル・アルメラック/シドニー・ランセスール)

クロエの「ローズ革命」第六章として、2020年(日本では10月7日)にミシェル・アルメラックとシドニー・ランセスールにより調香された作品が「クロエ ローズタンジェリン」でした。すべてのフランカーの中で、最も甘いフルーツのニュアンスを持つクロエローズの香りです。
その他

【トバリ】イノセント ラブ(トバリ)

トバリから2020年に発売された「イノセント ラブ」は、元ビートルズのジョン・レノンの妻でもある前衛芸術家オノ・ヨーコ様に捧げられた香りです。ポップアートに触れ、新しい自分を見つける喜びを感じるように身にまといたくなる香りです。
その他

【グタール】ル タン デ レーヴ(ジュリー・マッセ/マチュー・ナルダン)

2020年10月21日にグタールより発売された「ル タン デ レーヴ」は、フランス語で〝夢のひととき〟という意味を持つオレンジの木の香りです。グラース出身の若い二人ジュリー・マッセとロベルテのマチュー・ナルダンにより調香されました。
ブランド

【ボンド ナンバーナイン】マイ ニューヨーク(ミシェル・アルメラック)

ボンド・ナンバーナインより、2020年に発売された「マイ ニューヨーク」は、パンデミックにより、ニューヨークを愛しているにもかかわらず、訪問する事のできない人々に向けて生み出された、〝私の中のニューヨーク〟を呼び覚ます香りです。ミシェル・アルメラックにより調香されました。
その他

【フィリップ プレイン】ノーリミット$(アルベルト・モリヤス)

2019年12月に発売されたのが「ザ スカル」でした。そして、2020年3月1日に、前作と同じ調香師であるアルベルト・モリヤスにより生み出されたのが、「ノーリミット$」(=限度額なし)でした。
アルベルト・モリヤス

【グッチ】グッチ ブルーム プロフーモ ディ フィオーリ(アルベルト・モリヤス)

グッチ ブルーム プロフーモ ディ フィオーリ 原名:Gucci Bloom Profumo Di Fiori 種類:オード・パルファム ブランド:グッチ 調香師:アルベルト・モリヤス 発表年:2020年 対象性別:女性 価格...
アルベルト・モリヤス

【ジョルジオ アルマーニ】アクア ディ ジオ プールオム PF(アルベルト・モリヤス)

1996年に発表された「アクア ディ ジオ プールオム」シリーズの第五弾として「アクア ディ ジオ プールオム PF」は2020年に発売されました。アロマティック・マリンフゼアの香りは、アルベルト・モリヤスにより調香されました。
その他

【ショパール】ラブ ショパール(アルベルト・モリヤス)

2017年よりショパール・コレクションという高級フレグランス・ラインを、アルベルト・モリヤスの手により13作品生み出しています。その集大成として2020年2月に生み出されたのが「ラブ ショパール」です。
アルベルト・モリヤス

【ブルガリ】オムニア ゴールデン シトリン(アルベルト・モリヤス)

2020年5月1日に『オムニア』シリーズ第九弾として発売された「オムニア ゴールデン シトリン」は、シトリンにインスパイアされたフルーティフローラルの香りとして、アルベルト・モリヤスにより調香されました。
アルベルト・モリヤス

【ブルガリ】ブルガリ マン グレイシャル エッセンス(アルベルト・モリヤス)

1884年にイタリアのローマで創業されたブルガリの『ブルガリ マン シリーズ』(2010年~)第六弾として2020年に発売されたのが「ブルガリ マン グレイシャル エッセンス」です。アロマティック・フゼアの香りは、アルベルト・モリヤスにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ペリルーズマン ヴォートル(危ういあなたへ)(クリストファー・シェルドレイク)

限られた店舗でのみ販売されているセルジュ・ルタンスのプレミアムコレクション「グラットシエル コレクション」の新作として2020年11月21日に発売された「ペリルーズマン ヴォートル」は、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
その他

【ディプティック】オトニエル ロザ(ルイーズ・ターナー)

ディプティックが2020年7月2日に限定発売した「オトニエル ロザ」は、ブラックペッパーとローズをブレンドしたスパイシーローズの香りです。美術家ジャン=ミシェル・オトニエルとのコラボレーション作品です。ジボダン社のルイーズ・ターナーにより調香されました。
エルメス

【エルメス】ロンブル デ メルヴェイユ(クリスティーヌ・ナジェル)

2016年にエルメスの二代目専属調香師に就任したクリスティーヌ・ナジェルが「オー デ メルヴェイユ ブルー」を第六弾の香りとして生み出したのでした。そして、2020年6月に発売された第七弾の香りがこの「ロンブル デ メルヴェイユ」です。
ジミー・チュウ

【ジミー チュウ】アイ ウォント チュウ(ソニア・コンスタン/ルイーズ・ターナー)

2017年にマイケル・コース・ホールディングスに買収されたジミー・チュウから2020年12月に発売された「アイ ウォント チュウ」は、ソニア・コンスタン、アントワーヌ・メゾンデュ、ルイーズ・ターナーの3人により調香されました。
その他

【バイレード】タバコ マンダリン(ジェローム・エピネット)

バイレードの〝ナイト ヴェールズ〟コレクションより、2020年10月に発売された香りが「タバコ マンダリン」です。モロッコのタンジールの風景から着想したこの香りは、ジェローム・エピネットにより調香されました。
その他

【バイレード】トラヴィス スペース レイジ(ジェローム・エピネット)

2006年に創立されたバイレードから、人気ラッパーのトラヴィス・スコットとのコラボにより、2020年11月30日に発売された「トラヴィス スペース レイジ」は、ジェローム・エピネットによって調香されました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました