究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

2015年の香り

その他

【トム フォード】ブラック オーキッド オードトワレ(ピエール・ネグリン)

「ブラック オーキッド」のオード・トワレ・ヴァージョンとして2015年に発売されました。チューベローズをベースにしたホワイト・フローラルな香調はピエール・ネグリンによる調香です。香り自体は、オリジナルをよりフェミニンにした香りです。
2020.11.13
その他

【トム フォード】トム フォード ノワール エクストリーム(ソニア・コンスタン)

ソニア・コンスタンの調香による惜しみなく上質なアンバーを使用したウッディ・オリエンタルの香りです。「トム フォード ノワール」に、サフラン、ナツメグ、カルダモンといった香辛料を追加し、よりグルマンな暖かみを生み出しています。結果、この二つの香りに共通点は全く存在しません。
2020.11.14
その他

【トム フォード】ノワール プール ファム(ソニア・コンスタン)

トム・フォードの『シグネチャー コレクション』から、2012年に発売されたメンズ・フレグランス「ノワール」。そのウィメンズ・ヴァージョンとして2015年に発売されたのが、「ノワール プール ファム」です。フロリエンタルのこの香りの調香は、ソニア・コンスタンによるものです。
2020.11.15
ジョー・マローン・ロンドン

【ジョー マローン】インセンス & セドラ コロン インテンス(マリー・サラマーニュ)

環境を傷つけることなく香りを再現する「ネイチャープリント技術」(花の本当の香りだけを最も自然な形で抽出する技術、フィルメニッヒ社)を香水で初めて採用したという香り。マリー・サラマーニュによる調香です。
2020.11.14
その他

【ジョー マローン】オリス & サンダルウッド コロン インテンス(ピエール・ネグリン)

天然香料の中でローズやジャスミンを凌ぐ高価な香料とされるオリス。そんなオリスの「ウッディでありながらパウダリーで、フローラルなのにディープな」二面性を生かしたオリエンタル・ウッディの香り。ピエール・ネグリンによる調香です。
2020.11.14
ジョー・マローン・ロンドン

【ジョー マローン】ミモザ & カルダモン コロン(マリー・サラマーニュ)

オリエンタル・フローラルの香りとして、新世代の美人調香師マリー・サラマーニュにより調香されました。ミモザは暖かい太陽、カルダモンはまばゆい光です。それはまさにマリー曰く「ミモザは冬の黄金の太陽です!」。
2020.11.14
その他

【トム フォード】フルール ド ポルトフィーノ(ロドリゴ・フローレス・ルー)

トム・フォードのプライベート ブレンド コレクションより、地中海の美しい紺碧の海とラグジュアリー・リゾート地をイメージした「ネロリ ポルトフィーノ コレクション」の第四弾の香りとして2015年に発売されました。ロドリゴ・フローレス・ルーにより調香されました。
2020.11.11
その他

【トム フォード】ベネチアン ベルガモット(トム・フォード)

「ベネチアン ベルガモット」は、トム・フォードのプライベート ブレンド コレクションの新作として2015年に発表されました。実に不思議なネーミングです。それはまるで〝東京のお茶〟のようなネーミングです。
2020.11.10
タイトルとURLをコピーしました