究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

2006年の香り

ゲラン

【ゲラン】ニュイ ダムール(ジャン=ポール・ゲラン)

ゲランの四代目調香師ジャン=ポール・ゲランが2006年に、グスタフ・クリムトの比較的マイナーな作品である『帽子と羽毛の襟巻の婦人』(1909)からインスパイアーされ、その神秘的な美女のために生み出した香りが、「ニュイ ダムール」です。
2021.04.21
ゲラン

【ゲラン】マヨット(ジャン=ポール・ゲラン)

2000年に四代目調香師ジャン=ポール・ゲランにより調香された「マホラ」は、2002年に廃盤となり、2006年に「パトリモワンヌ コレクション」のうちのひとつ「マヨット」の名で微調整され、再販されました。
2021.04.20
その他

【ジョー マローン】ブルー アガバ & カカオ コロン(パトリシア・シュー)

このコロンは、恐らくジョー・マローンがリリースしてきたコロンの中で、最も「男前」な女性を演出してくれる香りでしょう。ジョー・マローンが〝ラテン音楽のリズムと活気〟を投影した香りとして2006年に発売されました。パトリシア・シューによる調香です。
2021.05.01
その他

【ボンド ナンバーナイン】セント オブ ピース(ミシェル・アルメラック)

2001年9月11日に勃発したアメリカ同時多発テロ事件の後に、この香りの構想ははじまりました。「世界平和なくしてこの街(ニューヨーク)の未来はない」という信念のもと、このフルーティ・フローラルの香りは、5年の年月を費やし、ミシェル・アルメラックの調香により、2006年に誕生したのでした。
2020.12.03
ゲラン

【ゲラン】アンソレンス オーデトワレ(モーリス・ルーセル)

ゲラン初のクリエイティブ・ディレクターに就任したシルヴェーヌ・ ドゥラクルトが、モーリス・ルーセルを調香師として迎え生み出した「アンソレンス」のオード・トワレ版として2006年に同時に生み出されたのがこの香りです。
2021.04.27
ゲラン

【ゲラン】アンソレンス(モーリス・ルーセル)

2006年に、クリエイティヴ・ディレクターのシルヴェーヌ・ ドゥラクルトが、モーリス・ルーセルを調香師として招聘し、初プロデュースされたのが「アンソレンス」(=傲慢)です。スパイラル構造を持つゲラン史上はじめてベリーが使用された香りでした。
2021.04.20
ゲラン

【ゲラン】アクア アレゴリア グロセリナ(モーリス・ルーセル/カリン・デュブルイユ・セレーニ)

1999年に誕生した『アクア・アレゴリア』シリーズ。「グロセリナ」はその第七弾として2006年に発売された2作品のうちのひとつです。フレッシュ・フローラル・フルーティーな香りは、モーリス・ルーセルとカリン・デュブルイユ・セレーニにより調香されました。
2021.04.20
ゲラン

【ゲラン】アクア アレゴリア トゥッティ キウイ(ジャン・ポール・ゲラン)

1999年に誕生した『アクア・アレゴリア』シリーズ。「トゥッティ キウイ」はその第七弾として2006年に発売された2作品のうちのひとつです。ジャン・ポール・ゲランにより調香されました。「まるごとキウイ」の香りです。キウイの香りのフレグランスはかなり珍しいです。
2021.04.20
アニック・メナード

【ゲラン】ボワ ダルメニ(アニック・メナード)

2005年に発売された「ラール エ ラ マティエール(芸術と貴重なる生の素材)」コレクション三部作に引き続き、翌年発売された第四の香りです。パピエ ダルメニ(アルメニアの紙)を題材にした香りは、アニック・メナードにより調香されました。
2021.04.20
ゲラン

【ゲラン】オー デ リ(フランシス・クルジャン)

「オー デ リ」とは「ベッドの水」という意味です。ベッドリネン専用のフレグランスとしてゲランより2006年に発売されました。安眠に効果的なネロリを主体にしたフロラール・ムスキー・フレッシュな香りは、フランシス・クルジャンにより調香されました。
2021.04.20
その他

【トム フォード】ブラックオーキッド(デビッド・アペル/ピエール・ネグリン)

1999年に、世界で初めて黒い蘭の栽培に成功したカリフォルニアの農園をトム・フォードが買い取りました。そのブラックオーキッドを核にしたフレグランスを作るべくトム・フォードがデビッド・アペルとピエール・ネグリンという一流調香師の手を借り生み出したファースト・フレグランス。
2021.06.14
その他

【カイリー ミノーグ】ダーリン(ティエリー・ワッサー)

オーストラリア出身の世界的なポップスター・カイリー・ミノーグがプロデュースした最初のフレグランスであり、発売と同時に、イギリスとオーストラリアで爆発的な売れ行きをみせた香りです。シプレ・フローラルの香りは、フィルメニッヒ在籍時代のティエリー・ワッサーによる調香です。
2021.04.15
タイトルとURLをコピーしました