究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

デューン

その他

【ディオール】デューン(ジャン・ルイ・シュザック/ドミニク・ロピオン)

ディオールにとって13番目の香りであり、1985年の「プワゾン」の大成功以来の女性用フレグランスとして、3年の月日と3700万ドルの予算がかけられました。このフレッシュ・オリエンタルの香りは、ジャン・ルイ・シュザック、ネジラ・ バルビル、ドミニク・ロピオンにより調香されました。
2022.01.11
オリヴィエ・クレスプ

【ディオール】デューン プール オム(オリヴィエ・クレスプ)

1991年に発売された「デューン」のメンズ・ヴァージョンとして1997年に発売され、現在も発売され続けているロングセラーです。イチジクのグリーンが海辺の木陰での寛ぎのひと時を連想させるウッディ・フローラル・ムスクの香りは、オリヴィエ・クレスプによって調香されました。
2022.01.12
シャネル

【シャネル】アリュール オードゥ トワレット(ジャック・ポルジュ)

1996年にシャネルが生み出した香りは、実にシャネルらしいテーマを持ったフレグランスでした。その名を「アリュール」と言います。万華鏡のようなフローラル・フレッシュ・オリエンタルの香りは、シャネルの三代目専属調香師ジャック・ポルジュによって調香されました。
2021.12.10
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました