究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

オー ドゥ エルメス

エルメス

【エルメス香水図鑑】王道ラグジュアリー・パフューム・ベスト23

香水の世界において、エルメスが成し遂げた功績は、「フレグランスを芸術の領域にまで高めた」ことです。それは、2003年に、ジャン=クロード・エレナが調香した「地中海の庭」からはじまりました。
2021.09.30
その他

【エルメス】ドブリ(ギ・ロベール)

「ドブリ」は、エルメスの15のブティックにおいて、1955年にVIP限定で販売されました。シプレ・フローラルの香りは、ギ・ロベールにより調香されました。そして、2004年にジャン=クロード・エレナと、ギ・ロベールの息子フランソワにより再調香され、1000本限定で販売されました。
2021.10.11
その他

【エルメス】カレーシュ(ギ・ロベール)

1944年の「オー ドゥ ヴィクトリア」から、エルメスの香水の歴史ははじまりました。以後、「オー ドゥ エルメス」「ドブリ」というフレグランスが誕生し、1961年に「カレーシュ」によって、エルメスの女性用フレグランス第二弾が、ギ・ロベールによる調香により誕生しました。
2022.08.11
エドモン・ルドニツカ

【エルメス】オー ドゥ エルメス(エドモン・ルドニツカ)

1951年に発表された、輝けるエルメス最初の(一般販売された)香水。それはVIPの24歳のお客様のために作られた香りでした。新鮮な柑橘系とスパイスのきいたなめし革の香りをベースにした、ディオールの「オー ソバージュ」を生み出したエドモン・ルドニツカによる調香です。
2022.08.11
ジャン=クロード・エレナ

【フレデリック マル】コロン ビガラード(ジャン=クロード・エレナ)

「ビガラード」とは「ビターオレンジ」のことです。その名の通り〝ビターオレンジ・コロン〟、新緑の甘さとオレンジの果皮の苦みがミックスされたシトラス・アロマティックの香りです。ジャン=クロード・エレナによる調香です。
2022.08.23
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました