究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

アニタ・エクバーグ

オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーンのすべて【1952】|ローマの休日

オードリー・ヘプバーンのすべて【1952】(3ページ) All About Audrey Hepburn オードリー・ヘプバーン出演作一覧 1951年 モンテカルロへ行こう 1953年 ローマの休日 1954年...
2020.05.10
その他

『戦争と平和』Vol.8|アニタ・エクバーグのローマの栄光

エレンほど、現代に置き換えやすい登場人物はいない。それはSNSで自己愛たっぷりの自撮りと謎の実況中継を発信して、風俗か水商売によって手にしたブランド品や食事(馬鹿な男と食べる場違いなフレンチなど)を自慢し、若さを蒸発させている薄っぺらなパーティ・ピープル女子の姿そのものなのです。
2020.06.26
その他

『戦争と平和』Vol.7|アニタ・エクバーグの『甘い生活』前夜

社交界の絶世の美女エレンを演じたアニタ・エクバーグ(1931-2015)は、本作の4年後に出演したフェデリコ・フェリーニの『甘い生活』で、パーティ・ピープルにとっての〝永遠のシンボル〟となりました。
2020.07.18
フレッド・アステア

『パリの恋人』6|フレッド・アステアとリチャード・アヴェドン

3ページの記事です。 作品データ 作品名:パリの恋人 Funny Face (1957) 監督:スタンリー・ドーネン 衣装:ユベール・ド・ジバンシィ/イーディス・ヘッド 出演者:オードリー・ヘプバーン/フレッド・アステア/ケイ・ト...
2020.01.29
タイトルとURLをコピーしました