究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【カルティエ】ピュール ミュゲ(マチルド・ローラン)

カルティエ
カルティエブランドマチルド・ローラン調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ピュール ミュゲ

原名:Pur Muguet
種類:オード・トワレ
ブランド:カルティエ
調香師:マチルド・ローラン
発表年:2020年
対象性別:女性
価格:75ml /35,805円
公式ホームページ:カルティエ

スポンサーリンク

鈴蘭ほど芸術に近い花はない。

©Cartier

私は個人的にスズランを愛しています。スズランは自然の儚さをもっとも体現している花のひとつだと私は考えています。最近、新しい分子組成を発見したので、全く新しいスズランの香りを作りたいと考えていました。

マチルド・ローラン

ハイジュエリー・ブランド、カルティエのフレグランスが、2020年11月12日に日本初上陸を果たすことになりました(実際は三度目の正直)。「レ ゼピュール ドゥ パルファン(香水のスケッチ集)」の三種類の香りのうちのひとつである「ピュール ミュゲ」は、カルティエの専属調香師マチルド・ローランにより調香されました。

彼女は三種類の香りを一年間かけて生み出しました。このコレクションのテーマは、抽象的な香りの創造ではなく、〝究極のリアリズム=自然の中で植物が解き放つ瞬間の再現〟です。

「ピュール ミュゲ」とはフランス語で「ピュアな鈴蘭」の意味です。IFFによるスズランノートにジャスミンとローズをブレンドし、緑の葉から白い花びらへと、キラキラと輝く水滴が次々から次にこぼれ落ちていく自然の無邪気さを感じさせてくれる香りです。

この香りのスズランの特性を感じ取るために、マチルドがゲラン時代に調香した名香「ハーバ フレスカ」のスズランとの違いを比較してみるのも、〝香りの楽しみ方〟のひとつだと思います。

スポンサーリンク

スズランから芸術性を奪い去り、自然に還した香り


IFFにより発見されたスズランの新しい分子組成によって作り出された、全く新しいスズランの香りは、鍵盤打楽器を鳴らすようなスズランの音色ではなく、グリーンとパウダリーが織りなす繊細な自然への誘いへと導かれていくようにしてはじまります。

みずみずしく、可憐に、風に揺れるスズランの鈴と葉から流れてくる匂いのような香りです。はっきり言うと、スズランの香水を何種類か愛用している方がこの香りを嗅ぐと、拍子抜けするほど、本当に自然そのものの香りです。

このシリーズの三種類に共通しているのは、身にまとう季節により、香りががらっと変わるところにあります。つまり、真冬にスズランの生花の香りに包まれるという不思議な体験もすることが出来るのです(通常のスズラン香水だと、それほど大して香りは変わらない)。

この繊細さこそが、マチルド・ローランの真骨頂と言えます。フレッシュグリーンなスズランではなく、ナチュラルグリーンなスズランであり、身にまとう季節によって、甘さ、パウダリーさ、蜜っぽさ、フレッシュさがそれぞれ出てくる香りなのです。

まさにカルティエのジュエリーが女性の肌の上で躍動する輝きを、香水によって見事に再現した香りです。〝スズランの生命力を感じさせる香り〟です。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ピュール ミュゲ
原名:Pur Muguet
種類:オード・トワレ
ブランド:カルティエ
調香師:マチルド・ローラン
発表年:2020年
対象性別:女性
価格:75ml /35,805円
公式ホームページ:カルティエ


シングルノート:ベルガモット、スズラン、ジャスミン、ローズ、ムスク

タイトルとURLをコピーしました