モリー・リングウォルド

モリー・リングウォルド2  『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』2 (2ページ)

    作品名:プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角 Pretty in Pink (1986)
    監督:ハワード・ドゥイッチ
    衣装:マリリン・ヴァンス
    出演者:モリー・リングウォルド/ジョン・クライヤー/アンドリュー・マッカーシー/ジェームズ・スペイダー/アニー・ポッツ



    コーリアン・ボンバージャケット

    まさにソウル五輪前夜の本作に相応しいテイスト。

    1980年代半ばに、レギンス旋風がマドンナと共に吹き荒れました。

    アンディ・ルック9 コーリアン・ボンバー・ジャケット
    • コーリアン・シルク・ボンバージャケット
    • ピンクの刺繍入りショートパンツ
    • レースのスカーフ
    • ピンクのタートルネックニット
    • 三角ビジューが連なるネックレス
    • グレーに黄色と赤のライン入りのソックス
    • 白のハイカットスニーカー

    貧富の差を越えた恋愛の道を突き進もうと誓い合った二人がプロムに行く約束をします。その翌日に、初キスの喜びをイオナに伝える時のファッションがこれです。賛否両論のボンバージャケットが登場します。しかし、これこそが80年代ファッションの真髄なのです。クールさとカッコ悪さの境界線の曖昧さ。みんなの冷たい視線を浴びる覚悟が、ファッションを更なる高みへと昇華させる事が出来た時代。それが1980年代なのです。



    何気にパンチが効いてるアマゾン・ワンピース

    熱帯雨林にピンク・ローズの不思議なアンサンブル。一歩間違えればただの悪趣味です。

    左耳にだけアクセサリーをつけるアンディ。

    伝説のアマゾン・ワンピ。モリーは173cmと長身です。

    アルマーニかもしれないアンコンジャケット。

    アンディ・ルック10 アマゾンワンピース
    • 黒地にピンクバラの刺繍入りジャケット
    • ピンクのレースストール
    • グリーンのアマゾンワンピース
    • 左耳のみブローチイヤリング

    まさに「プリティ・イン・ピンク」ルックとも言えるピンクとその対照色の合わせが面白いです。もっともキラキラした青春の瞬間を象徴するファッション。それはちょっぴり背伸びした女の子としてのベアトップワンピースなのです。デートの時、女の子がこのファッションをしていたならば、その終着駅がどこであるのかを男の子は理解してあげなくてはなりません。

    デートの時のファッションは、女の子のその後の希望的展開を示す指針なのです。モリー・リングウォルドの映画の面白さは、10代の女の子の感情を見事に反映させたファッションに実に包んでいるところにあるのです。ちなみに2012年に、モリーが「あなたは、二人の男性のうちどっちがタイプですか?」と質問されたところその答えは、

    「私はジェームズ・スペイダーがタイプよ」と、本作において嫌味な金持ちプレイボーイを演じた彼の名前を挙げたのでした。確かに、リネンのセットアップが決まりまくっていました。



    何気に東洋指数の高い作品

    アンディ・ルック11 キモノガウン
    • ピンクに白と赤の花柄のキモノガウン
    • 下にパジャマ
    • 黒バレエシューズ(スリッポン)




    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. ジェニファー・ローレンス1 『ハンガー・ゲーム』1(3ページ)
    2. アンナ・メイ・ウォン1 『上海特急』3(3ページ)
    3. オードリー・ヘプバーン20 『パリの恋人』3(2ページ)
    4. ダイアン・キートン3 『アニー・ホール』3(3ページ)
    5. 若林映子 『007は二度死ぬ』3(3ページ)
    6. マリリン・モンロー7 『紳士は金髪がお好き』1 (3ページ)
    7. オードリー・ヘプバーン24 『おしゃれ泥棒』3(2ページ)
    8. マレーネ・ディートリッヒ3 『上海特急』1(2ページ)

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP