究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【コム デ ギャルソン】リリー(フローレンス・イディエ)

その他
その他その他ブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

リリー

原名:Series 1 Leaves: Lily
種類:オード・トワレ
ブランド:コム・デ・ギャルソン
調香師:フローレンス・イディエ
発表年:2000年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/10,450円
公式ホームページ:コム・デ・ギャルソン

スポンサーリンク

大正浪漫溢れる〝鈴蘭の香り〟


1994年よりスタートしたコム デ ギャルソン パルファムは、「SERIES 1:」から「SERIES 10:」まで発売されています。「リリー」は、2000年に発売された「Series 1 Leaves:」の5種類のうちのひとつです。フローレンス・イディエにより調香されました。

咲いたばかりの百合を表現したというこの香りは、実際のところ、可憐なる大正浪漫溢れる〝鈴蘭(カタカナでも英語名でも仏語名でもなくあくまで漢字)〟を連想させます。それは懐古主義的でありながら、そのストレートな姿勢が、逆に新鮮ささえも感じさせてくれます。

搾り出された酸味と甘みの程よいバランスを感じさせる青リンゴの果汁を浴び、ゆらゆらと揺れるスズランが、フリージアとイヌバラ、ライラックのみずみずしい花びらによって、フレッシュ、ジューシー、グリーン、フローラルという四つの側面を、万華鏡が透かして見せるように、香り立たせてくれます。

決して、草原の輝きに偏ることなく、それぞれの花々が、スズランと遭遇する中で、クリーミーな官能性を帯びていくところが、この香りに、自然の鈴蘭が持つシャープな甘さを、活き活きと肌の上で蘇らせていると言えます。

スズランの花(=鈴)が音を鳴らすことが出来たらどんな音色を奏でてくれるのでしょうか?そんなことを考えさせるほど、この香りの前で深呼吸したくなるような、忠実に再現されたスズランの香りです。

2000年に発売された当初のボトルデザイン。©Comme des Garcons

スポンサーリンク

香水データ

香水名:リリー
原名:Series 1 Leaves: Lily
種類:オード・トワレ
ブランド:コム・デ・ギャルソン
調香師:フローレンス・イディエ
発表年:2000年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/10,450円
公式ホームページ:コム・デ・ギャルソン


シングルノート:スズラン、フレージア、イヌバラ、ライラック

タイトルとURLをコピーしました