シンディ・ローパー

シンディ・ローパー伝説6(3ページ)

    シンディ・ローパー略歴

    • 1953年6月22日 ニューヨーク市ブルックリンで生まれる。5歳の時、両親が離婚する。
    • 1970年 高校を退学し、愛犬スパークルと家出し、様々な職業を経験する。
    • 1978年 ブルー・エンジェルというグループを結成し、80年にアルバム・デビューするも売れず、解散。自己破産する。
    • 1983年 一枚目のソロ・デビュー・アルバム『シーズ・ソー・アンユージュアル』を発表し、全米で600万枚、全世界で1600万枚を売り上げる。ファースト・シングル「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」が全米No.2ヒットになる。
    シンディ・ローパー略歴続き




    バイブス秘宝の謎

    シンディ・ローパー初の主演映画。

    「ホール・イン・マイ・ハート」 1988年6月リリース。全米54位

    「バイブスはほんとに私のキャリアを傷つけた」とシンディ自身が回想する自身の初めての主演映画『バイブス秘宝の謎』に1988年出演します。共演は、ジェフ・ゴールドブラムとピーター・フォークでした。その内容はインカ帝国の秘宝探しという、『インディ・ジョーンズ』シリーズでブームだった冒険活劇ものでした。

    それから映画会社コロンビア・ピクチャーズが『バイブス』のために一曲書いてほしいというので、LAにとどまって何を書こうかと考えた。最初ビリー・スタインバーグとトム・ケリーとともに「アンコンディショナル・ラヴ」というスロー・テンポの歌を書いたんだけど、コロンビアの社長が「この映画はコメディなんだ。バラードなんてダメだ」と言った。

    シンディ・ローパー

    そして、シンディは、全く映画の内容とは関係のない曲をアレンジし直して、自分好みの音楽ーパンクっぽくてタフでテンポが速いー音にして発表しました。実際のところ、この曲は、アップテンポなシンディの楽曲の中でも3本の指に入るノレる曲です。キャッチーなメロディラインとずば抜けた歌唱力が見事にマッチしていて、グイグイと引っ張っていくスピード感に溢れています。

    はじめてプラチナブランドになったシンディ・ローパー。

    圧倒的な美脚。抜群のスタイルの良さです。

    シンディ・ローパー・スタイル28 『バイブス』ルック1
    • 豹柄のパッチワークの付いたジージャン
    • 豹柄のミニドレス
    • ゼブラ柄のハイヒールパンプス。このパンプスは、シンディのかなりのお気に入りで、ライブや他のMVにおいても結構はいています。フレデリックス・オブ・ハリウッドで購入した私物。

    だから(髪型を)ホワイト・ブロンドで行くことにしたの。そのあと、マドンナが『フーズ・ザット・ガール』っていう映画に出演しているのを見たら、彼女もブリーチしたブロンドだった。「わかったわ。いいんじゃない?私たちは絶対にお互いから逃れられないのよね」と思ったわよ。



    シンディ・ローパー・スタイル29 『バイブス』ルック2
    • パナマハット
    • 豹柄のパッチワークの付いたジージャン
    • ピンクに黒のポルカドットのシャツ
    • ブルージーンズ、脛丈
    • ピンクのルーズソックス
    • 白のスニーカー

    以下、『バイブス秘宝の謎』のシンディの衣装。










    1991年の横浜アリーナでのコンサート

    サッポロビールのCMにも「ホール・イン・マイ・ハート」は使用された。






    幻の名曲「アンコンディショナル・ラヴ(=無償の愛)」

    元々はシンディ・ローパーが、『バイブス秘宝の謎』の主題歌として考えていた曲。後にバングルスのスザンナ・ホフスが1991年にカヴァーしました。この曲は、シンディの全ての曲の中でも出色の出来であり、隠れた名曲と言えるでしょう。



    シンディ・ローパー・スタイル30 プラチナ・セクシー
    • パープルのレースのボタンダウン・シャツ
    • パープルとオレンジのレースの下着
    • ガーターストッキング
    • 黒のハイヒールパンプス

    今ではマドンナ的イメージのプラチナ・ブロンド。元々はシンディ・ローパーの方が先にしたヘアカラーとそのイメージでした。二人とも20年代から30年代のアメリカのハリウッド女優が好きであり、そんなスタイルを80年代のミュージック・シーンにいち早く取り入れたのでした。それにしてもこのスタイル。今見てもかなりクールです。



    ページ:

    1

    2 3

    関連記事

    1. マドンナ伝説11(3ページ)
    2. マドンナ伝説9(4ページ)
    3. シド・ヴィシャス2 『シド・アンド・ナンシー』2(2ページ)
    4. シンディ・ローパー伝説3(3ページ)
    5. シンディ・ローパー伝説2(3ページ)
    6. マドンナ伝説5(3ページ)
    7. マドンナ伝説14(3ページ)
    8. マドンナ伝説6(3ページ)

    このページに関連した記事一覧

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP