究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

シンディ・ローパー伝説6(3ページ)

シンディ・ローパー
シンディ・ローパー反逆のファッション反逆の歌姫たち
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ネオ・パンク・スタイル





今見ても相当カッコいいネオ・パンク=ネオ・スカンク・スタイル。ショートカットに、インディアンの戦闘メイクをよりモードにアレンジしたメイクアップと、ランジェリーのレイアード・スタイルが面白いです。

1990年のジョン・レノン生誕50周年コンサートにて。

シンディ・ローパー・スタイル33 ネオ・パンク
  • プラチナ・ブロンドのロングヘア・ウィッグ
  • 白のレースのカットソー
  • シルバーホットパンツ
  • 白のタイツ
  • 白のハイヒールサンダル

ブロンディのデボラ・ハリーを彷彿とさせる存在感。

スポンサーリンク

『ア・ナイト・トゥ・リメンバー・ツアー』カレンダー

スカンク・ヘアで色々なコスプレをするシンディ・ローパー。全ての衣装はスクリーミング・ミミからの提供です。こういったセンスがレディー・ガガやマイリー・サイラスをはじめとする21世紀のポップスターに与えた影響が果てしない事を実感させます。

表紙

1月。赤ちゃん。

2月、バレンタイン。

3月、新緑のグリーン。ピーターパン・スタイル。

4月。雨傘とレインコートとビスチェ。

5月。南米風な麦わら帽子。

6月。ジューン・ブライダル・ビスチェ。

7月。アメリカ独立記念日。

8月。サマールック。

9月。スクールガール。

10月。ハロウィン。

11月。紅葉の秋。

12月。クリスマス・プレゼント。

裏表紙。

タイトルとURLをコピーしました