究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ペンハリガン】ブリリアントリー ブリティッシュ(アントワーヌ・メゾンデュ)

その他
©Penhaligon's
その他ブランドペンハリガン調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ブリリアントリー ブリティッシュ

原名:Brilliantly British
種類:オード・パルファム
ブランド:ペンハリガン
調香師:アントワーヌ・メゾンデュ
発表年:2020年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/24,750円

スポンサーリンク

イギリスとフランスのモード感を併せ持つ香り

©Penhaligon’s

1870年に創業したペンハリガンの150周年を祝う限定フレグランスとして、「ブリリアントリー ブリティッシュ」は、2020年11月に発売されました。トフィー(タフィー)にラベンダーを組み合わせた香りです。アントワーヌ・メゾンデュにより調香されました。

トフィーとは、バターと砂糖によって作られる英国の伝統的な焼き菓子です(キャラメルは牛乳と砂糖によって作られる)。そんなトフィーに英国の伝統的なアロマティックな香料であるラベンダーを組み合わせることによって、「見事なまでにブリティッシュ」なムードを生み出すことを意図した香りです。

塩キャラメル・アコードという表記もあるのですが、塩キャラメルは英国というよりはフランスなので、ここで使用されているのは、塩キャラメル風トフィー・アコードと思われます。

穏やかな眠気を誘うほどにうららかな英国ガーデンで、うとうとと左右に揺れ動くラベンダーの目を覚ますようなベルガモットの風の一吹きからこの香りははじまります。

やがて、塩キャラメル風味のトフィーの香りがやってきます。つまりは、フレンチモードをミックスした〝見事なまでに洗練された英国式〟の香りの誕生です。そこに、鋭いラバンディンがよりラベンダーを馥郁なものにし、ムスキーなシスタスラブダナムと香ばしい甘さのベンゾインが、トフィー・アコードの塩味と甘さに奥行きを与えながら、華やかなムードで包み込んでくれます。

まさに冬のホリデーシーズンに相応しい香りであり、心を暖かくしてくれるラベンダー×バニラの王道の香りのバニラの部分に塩キャラメルを持ってきた、英国の伝統とフランスのモード感を併せ持つ〝肩の力を抜いたハイセンスな香り〟です。

一言でいうと、最近多いブランドロゴでガチガチに固めたセルフィー族からではなく、流行に左右されない自分を持っている人から漂ってきそうな香りです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ブリリアントリー ブリティッシュ
原名:Brilliantly British
種類:オード・パルファム
ブランド:ペンハリガン
調香師:アントワーヌ・メゾンデュ
発表年:2020年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/24,750円


トップノート:ベルガモット、ラベンダー
ミドルノート:トフィー(塩キャラメル)、ラバンディン
ラストノート:シスタスラブダナム、ベンゾイン

タイトルとURLをコピーしました