エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【エマニュエル ウンガロ】アパラシオン スカイ(ベアトリス・ピケ)

その他
その他 その他 ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

エントリー・フレグランスとしての青りんご


青りんごから始まる「フレグランス紀行」のはじまりはじまり。それは間違いなく10代に知り合っておきたかった出会いです。そして、この香りとボトル・デザインに対して物足りなくなった時から、その人の本格的なフレグランス紀行ははじまるのかもしれません。

香りをはじめてつける時のきっかけとして見逃せないのは、有名人が愛用している香りを身に纏いたいという願望です。それはフレグランスIQが高い人から見るととんでもなくバカバカしいことなのですが、案外こういう入口からフレグランス愛は始まるのです。

そういった類の香り(周りに与える印象の良い、安価で手に入るエントリー・フレグランス)の存在意義を私たちは忘れてはなりません。

ベアトリス・ピケによって調香されました。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:アパラシオン スカイ
原名:Apparition Sky
種類:オード・トワレ
ブランド:エマニュエル・ウンガロ
調香師:ベアトリス・ピケ
発表年:2008年
対象性別:女性
価格:30ml/4,900円


トップノート:ベルガモット、グラニースミス・アップル、スターフルーツ
ミドルノート:シクラメン、ロータス
ラストノート:ヴァージニア・シダー、ムスク

アパラシオン スカイ
created by Rinker

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました