究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

アニー・ホール

ダイアン・キートン

【アニー・ホール】ダイアン・キートンによるファッション革命

ウッディ・アレンという監督が生み出した新しいコメディ『アニー・ホール』。アニー役のダイアン・キートンがプライベートにおいても愛用していたラルフ・ローレンのメンズ・ウェアを女性が着るという発想が、公開当時「アニー・ホール・ルック」として大流行しました。
2020.08.05
シンディ・ローパー

シンディ・ローパー伝説5(3ページ)

シンディ・ローパー略歴 1953年6月22日 ニューヨーク市ブルックリンで生まれる。5歳の時、両親が離婚する。 1970年 高校を退学し、愛犬スパークルと家出し、様々な職業を経験する。 1978年 ブルー・エンジェルと...
2019.07.11
アンドロギュヌス

『アニー・ホール』Vol.3|ダイアン・キートンとアニー・ホール・ルック

ダイアン・キートンの実名はダイアン・ホール。そして、友人内でのニックネームはアニーです。つまり、アニー・ホールとは、ダイアン自身のことなのです。チャップリンが絶賛した新しい感覚のコメディを牽引したのは、間違いなく独立した女性像を示したダイアン・キートンの存在感でした。
2020.04.02
アンドロギュヌス

『アニー・ホール』Vol.2|ダイアン・キートンとパンツルック

実は、スタイリストに問題があるのですが、服を着るということは、「リラックスした着こなし」を提案することが重要なのです。ファッションは、内面を反映します。アニー・ホール・ルックがハイセンスに見えたのは、ダイアン・キートンが普段のスタイリングを披露したからなのです。
2020.04.02
アンドロギュヌス

『アニー・ホール』Vol.1|ダイアン・キートンとラルフ・ローレン

ウディ・アレンは、日頃から目にしていたダイアン・キートンのファッションセンスの良さを作品にストレートに反映させることにしました。そうです、アニー・ホールのスタイリングは、全て彼女自身が生み出したものなのでした。
2020.04.02
タイトルとURLをコピーしました