究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ヴァン クリーフ&アーペル】ミュゲ ブラン(アントワーヌ・メゾンデュ)

その他
©Van Cleef & Arpels
その他その他ブランド調香師香りの美学
この記事は約4分で読めます。

ミュゲ ブラン

原名:Muguet Blanc
種類:オード・パルファム
ブランド:ヴァンクリーフ&アーペル
調香師:アントワーヌ・メゾンデュ
発表年:2009年(廃盤)
対象性別:女性
価格:日本未発売

スポンサーリンク

自然のスズランではなく、ハイジュエリーの鈴蘭。

©Van Cleef & Arpels

©Van Cleef & Arpels

2009年から、ヴァンクリーフ&アーペルのブティックでのみ販売されているプレステージ・コレクション「コレクション エクストラオーディネール」(〝並外れて素晴らしいコレクション〟という意味)の最初の6種類のうちのひとつとして「ミュゲ ブラン」は発売されました。アントワーヌ・メゾンデュにより調香されました。

「ミュゲ ブラン」とはフランス語で〝白いスズラン〟という意味です。この香りのテーマは、ジュエリーと時計制作のサヴォアフェールに香りを追加したならば、つまりはハイジュエリーで生み出した鈴蘭の香りを表現したフレグランスなのです。

スズランの香りが連想させる、〝フレッシュ〟と〝透明感〟をきっぱりと放棄した姿勢に、「ミュゲ ブラン」から潔さを感じます。おおらかで包み込むような笑顔のこの女性は、鉄の意志を貫く女性でもあるのです。

スポンサーリンク

あらゆる女性にとってのベストフレンドのスズランの香り

©Van Cleef & Arpels

甘いネロリ(輝き)とピオニー(神秘性)とホワイト・シダー(静かなる高揚感)のコントラストにより、スズランの香りを、フレッシュさと透明感ではなく、まろやかなクリーミーさで表現した〝ハイジュエリーで作られた鈴蘭〟の香りは、おっとりとしたネロリとピオニーの開花からはじまります。

本当に育ちが良さそうな、何かに急ぐことがない、たおやかさがあります。それは華やかな美しさを超越するものは、静かな気品であるということを教えてくれるはじまりとも言えます。

そして、ゆっくりとスズランが、ジャスミンと一緒に、大切に大切に磨きあげられた、ダイヤモンドのような白い燦めきを、ホワイトムスクとシダーのヴェールで包み込んでくれるのです。

ダイヤモンドの輝きを解き放つのではなく、内に取り込んでいくように、肌につけると一体化するハイジュエリーのような、ただただうっとりしてしまうクリーミーなスズランがそこにあります。

グリーンよりも、シダーのウッディさによりスズランに温かい輝きを与えているところが、この香りに〝至高至純の燦めき〟を与えているポイントなのでしょう。スズランの香りが、宝石の領域にまで達した香り、もしくは、王族のウエディングで王妃がつける香りとして最も相応しい香り。

解き放たれた香りではなく、内なる気品を感じさせる〝類稀なるスズランの香りのハイジュエリー〟。それは心を透き通すのではなく、生まれと育ち、そして、生き様を透かしてみせるスズランなのです。

逆に言うと、傷だらけの人生を突き進んできた果てに掴み取った幸せの瞬間に身にまとうと、とてつもない化学反応=〝凄味〟が生み出される香りとも言えます。つまりは〝あらゆる女性にとってのベストフレンドのスズランの香り〟です。

ディオールの「ディオリシモ」とは、対極に位置する、シャープさではないスズランの別の側面を見事に切り取ったスズランの香りです(しかし、一方で「ディオリシモ」の持つアニマリックな人間くささの素晴らしさにも再認識させられます)。

日本未発売かつ、現在では、廃盤になっている入手困難な香りですが、〝そっとあなたの頬を撫でてくれるスズラン〟という日本女性に愛される要素しかない〝幻の香りのジュエリー〟です。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ミュゲ ブラン
原名:Muguet Blanc
種類:オード・パルファム
ブランド:ヴァンクリーフ&アーペル
調香師:アントワーヌ・メゾンデュ
発表年:2009年(廃盤)
対象性別:女性
価格:日本未発売


シングルノート:スズラン、ピオニー、ネロリ、ホワイトシダー

タイトルとURLをコピーしました