サルヴァトーレ・フェラガモ

【2018年冬】おすすめラグジュアリーバッグPART12<サルヴァトーレ・フェラガモ>

    エディター・プロフィール:圭子・スカイウォーカー

    生年月日不明。性別不明。国籍日本。見た目は30代前半、身長170cmくらい。藤圭子にすごく似ている。ラグジュアリー・ファッションに対する情報の幅の広さから、恐らく現役の関係者と推測される。本人とのやり取りはメールと電話と二度っきりの会見のみ。口癖「ファッション誌はあてにならないので読まないわ」。大好きなものは「ダイアン・アーバスの写真とニーナ・シモン」、最も嫌いなものは、「SNSに夢中な女子と、プチプラ自慢する人たち」とのこと。(長谷紅記)



    12.サルヴァトーレ・フェラガモ

    どこまでも上品さを突き詰めた、媚びないデザインが魅力的。フェラガモのシューズと同じく、そのバッグは、女性に優雅さを与えるバッグではなく、優雅な女性にしか似合わないバッグなの。

    ガンチーニのバッグが似合う人はある意味選ばれし人よ。フェラガモにとって、バッグに関してもシューズと同じくフォーカス・ポイントは、ただ一つ、真にエレガントな人にのみ捧げられるということ。

    あくまでもその人の品格をエスコートするフェラガモのバッグ。だからこそ、このブランドのバッグには、それ自体ですごく目立つデザインのものは存在しない。



    ステューディオ・バッグ 270,000円 ★★★★☆





    2018-2019年秋冬コレクションにデビューしたステューディオ・バッグ。それは、2017年10月にウィメンズ担当の新クリエイティブ・ディレクターとなったポール・アンドリュー(1979-)が就任後はじめて手掛けたバッグよ。

    最高級のイタリア製天然レザーを使用しており、ガンチーニのクロージャーがフェラガモにしか出せないエレガンスを演出してくれているの。あらゆる年齢層をフォローするアンティーク・ローズ色が特におすすめよ。使い方としてガンチーニのクロージャーを閉め切らずにチャームのように横に垂らすのがおすすめよ。

    フェラガモを象徴するアイコニックなクロージャー(留め金)であるガンチーニは、1969年にトップハンドルのハンドバッグのクロージャーとしてはじめて登場したの。今ではシューズにもそのモチーフが使用されるほどよ。



    ソフィア・レインボー 259,200円 ★★★★☆




    2009年にデビューしたトップ・ハンドルのバッグ「ソフィア」のニュー・バージョンとして2018年春にはじめて発売されたのが、「ソフィア・レインボー」よ。


    オズの魔法使い』(1939)で「オーバー・ザ・レインボー」を歌うジュディ・ガーランド(1922-1969)のために、1938年にサルヴァトーレ・フェラガモが製作した伝説のレインボーサンダルへのオマージュとして作られたバッグよ。一見すると単色のバッグなんだけど、フロントのポケットのサイドジップを下すとカラフルなレインボー・カラーが登場する不思議な構造になっているバッグなの。



    カテゴリー一覧

    女を磨くファッション・アイコン一覧

    2018/19おすすめラグジュアリーバッグ

    売れるブランド販売員の特徴

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。