究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

イジプカ

マティルデ・ビジャウイ

マティルデ・ビジャウイ 調香界のスパイスガール

1980年、フランス生まれ。13歳の頃から調香師になりたい考えイジプカで学び、IFFの研修で知り合ったローラン・ブリュイエールに師事。2004年に、クリスティーヌ・ナジェルが在籍していたMANE社に入社し、今に至る。2016年よりジョー・マローン・ロンドンの調香も担当するようになる。
2021.06.06
ヤン・ヴァスニエ

ヤン・ヴァスニエ 調香界の新プリンス

1976年、フランス・ブルターニュ地域圏・レンヌ生まれ。2007年にジボダン社に移籍し、2009年にカリス・ベッカーと共に調香したマーク・ジェイコブスの「ロラ」が2010年FiFi賞の女性フレグランス・プレステージ部門で最優秀賞を獲得し、次世代の調香師として一躍脚光を浴びることになる。
2020.11.18
マリー・サラマーニュ

マリー・サラマーニュ 次世代の美人調香師

1977年、フランス・パリ生まれ。一族の多くが医師である裕福な家庭で生まれる。イジプカで学び、フランスの香料供給会社シャラボでインターンシップを受けたときに、アン・フリッポに師事する。2001年からフィルメニッヒで働き、オリヴィエ・クレスプの下で働く。
2021.06.18
アン・フリッポ

アン・フリッポ 調香師界のマダム・バタフライ

アンはイジプカ(ISIPCA)を卒業し、その後、香料メーカー・シャラボでミシェル・アルメラックのアシスタントとして10年間働きます。そして、2004年にジボダン、フィルメニッヒに次ぐ3番手の香料メーカーIFFに入社し、マスター・パフューマーとなり、現在に至ります。
2020.10.25
マチルド・ローラン

マチルド・ローラン カルティエの専属美人調香師

マチルド・ローラン Mathilde Laurent 1970年、フランス・ヌイイ=シュル=セーヌ生まれ。1992年にイジプカに入学し、2年後の卒業パーティで、シャンパンの力を借り、ゲランの4代目調香師ジャン=ポール・ゲランにインターンシ...
2020.11.24
フランシス・クルジャン

フランシス・クルジャン 調香界のプリンス

クルジャンは、1993年クエストに入社。弱冠26歳にしてジャン=ポール・ゴルチエの初めてのメンズ・フレグランス「ル マル」を手がけます。2009年に、自身のフレグランス・メゾン「メゾン・フランシス・クルジャン」をパリにオープンさせ、今に至ります。
2021.05.30
その他

【カルヴェン】カルヴェン ラブソリュ(フランシス・クルジャン/ジェローム・ディ・マリノ)

フレグランス業界において、新しい調香師が彗星のように現れることはごく稀です。それほどこの業界で名を成すことは大変なのですが、ジェローム・ディ・マリノという若者が突如現れました。フランシス・クルジャンがスーパーバイザーとなり、カルヴェンのフレグランス『ラブソリュ』を手がけたのでした。
2021.03.10
タイトルとURLをコピーしました