2019年 8月 03日

    スポンサーリンク

  1. 【写真で見る】映画の中のオードリー・ヘプバーン・ファッションの全て④<ティファニーで朝食を>(3ページ)

    主演第6作 尼僧物語(1959年)当時30歳パリ・モードを体現する「世界中の女性の憧れ」になったオードリー・ヘプバーンが、『パリの恋人』の後に選んだ作品が、『尼僧物語』でした。本作の中には、ジバンシィをはじめとするモード…

PAGE TOP