特報!2020年2月27日ルイ・ヴィトン新作フレグランス発売!

ルカ・トゥリン

クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】シェルギイ(モロッコの砂漠の熱風)(クリストファー・シェルドレイク)

2001年にパレ・ロワイヤル本店限定の香りとして生み出された「シェルギイ」は、ヴァージニア産のタバコと干し草が、煮込まれた蜂蜜と絡み合うスモーキースウィートな香りです。クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
セルジュ・ルタンス

【セルジュ ルタンス】アイリス シルバー ミスト(モーリス・ルーセル)

パレ・ロワイヤル本店限定の香りの中でも最も人気が高く、香水史においても重要だとされている香り「アイリス シルバー ミスト」は、セルジュ・ルタンスの作品の中でも、珍しくクリストファー・シェルドレイクが調香を担当していません。それはモーリス・ルーセルによる調香です。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】フェミニテデュボワ(木のフェミニティ)(ピエール・ブルドン/クリストファー・シェルドレイク)

「フェミニテデュボワ」とはフランス語で「木のフェミニティ(女らしさ)」を意味します。この香りは60%のウッディで構成されています。そのことにより、メンズの香りとされていたウッディ(正確にはシダーウッド)に女性の側面を生み出すことになりました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ルッス(クリストファー・シェルドレイク)

2007年に発売された「ルッス」は、パレ・ロワイヤル本店限定の香りとして発売されています。「ルッス」とは、フランス語で「赤毛、ジンジャー」の意味です。この香りの主役はシナモンです。オリエンタル・スパイシーの香りはクリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】マンダリン マンダリン(クリストファー・シェルドレイク)

パレ・ロワイヤル本店限定の香りのひとつ「マンダリン マンダリン」は、その名のとおり、マンダリンオレンジを主役に据えた香りです。日本では温州蜜柑と呼ばれるこのオレンジの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ラ ミール(クリストファー・シェルドレイク)

パレ・ロワイヤル本店限定の香りにおいて、最も特異な存在感を放つ香り「ラ ミール」は、その名のとおり、ミルラを主役に据えた香りです。この香りを調香したクリストファー・シェルドレイクという男の謎を全て詰め込んだ香りともいえます。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】フルール ドゥ シトロニエ(クリストファー・シェルドレイク)

2019年5月21日より発売された新ライン「コレクションポリテス」。それは、軽やかで、フレッシュな、透明感溢れるオード・パルファムのコレクションです。そのうちのひとつ「フルール ドゥ シトロニエ」=「レモンの花」は、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ルウーブ(クリストファー・シェルドレイク)

プレミアムコレクション「グラットシエル コレクション」のひとつ。白い城のように見える雪に覆われた山の頂に立つ孤高の牝狼をイメージして生み出されたチェリーアーモンドの香りです。この香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ボルネオ1834(クリストファー・シェルドレイク)

西洋と東洋の香りがはじめて出会った年 2018年11月にセルジュ・ルタンスより発売された、限られた店舗でのみ販売さ...
ドミニク・ロピオン

【フレデリック マル】ベチベル エクストラオーディネール(ドミニク・ロピオン)

最も危険な遊戯 一般的なパルファムの約三倍もの量に相当する(約25%)ベチバーが過剰使用されているこの香りの名は「...
その他

【フレデリック マル】ユヌ ローズ(エドゥアール・フレシェ)

情熱の真っ赤な薔薇を! 「ユヌ ローズ」とは、フランス語で「一輪の薔薇」の意味です。まるで庭に咲く一輪の薔薇を根ご...
ドミニク・ロピオン

【フレデリック マル】ユヌ フルール ドゥ カッシー(ドミニク・ロピオン)

香りにもっと、ファンタジーを! 「ユヌ フルール ドゥ カッシー」とは、フランス語で「カッシーの花」という意味です...
その他

【フレデリック マル】アウトレイジャス(ソフィア・グロスマン)

女帝ソフィア・グロスマン降臨 女帝ソフィア・グロスマンが、フレデリック・マルに光臨した香りです。 「アウトレ...
その他

【フレデリック マル】ノワール エピス(ミッシェル・ルドニツカ)

ブラック・ルドニツカ! 「ブラック・スパイス(黒い香辛料)」という名のオリエンタル・スパイシーなこの香りは、エドモ...
その他

【フレデリック マル】リス メディテラネ(エドゥアール・フレシェ)

百合香水の最高傑作のひとつ 通常、百合の香りのフレグランスは、プラスチックや石鹸のような香り、もしくは甘ったるくな...
エドモンド・ルドニツカ

【フレデリック マル】ル パルファム ドゥ テレーズ(エドモンド・ルドニツカ)

妻テレーズのための香りではなかった。 エドモンド・ルドニツカ(1905-1996)という人を皆様はご存知でしょうか...
その他

【フレデリック マル】イリス プードゥル(ピエール・ブルドン)

ドヌーヴの『昼顔』の香り 別名「マルNo.5」。つまりは、フレデリック・マル・ヴァージョンのシャネルNo.5。それ...
フレデリック・マル

【フレデリック マル】ムスク ラバジュール(モーリス・ルーセル)

フレデリック マルで最も売れている香り 私は自分がそれまで調香した香りの中で、この香りこそが、女性の官能性を呼び覚...
その他

【フレデリック マル】フレンチ ラバー(ピエール・ブルドン)

嵐を呼ぶ男のための香り アメリカでは「嵐の森」という名前で発売されたこの香りは、間違いなく「嵐を呼ぶ男」たちのため...
ドミニク・ロピオン

【フレデリック マル】カーナル フラワー(ドミニク・ロピオン)

チューベローズ=カメレオン・フラワー 「肉感的な花」という名のこの香りは、チューベローズという自然界を代表するカメ...
タイトルとURLをコピーしました