究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

エステラ・ウォーレン

未分類

【シャネル】N°5(No.5)の歴史⑥ エステラ・ウォーレンとニコール・キッドマン

最後のN°5ミューズであるジゼル・ブンチェンよりも遥かに魅力的なのが、リュック・ベッソンにより演出されたエステラ・ウォーレンが演じた「世紀末の赤ずきん」でした。もしかしたら、ヴィジュアル・イメージの観点においては、彼女のイメージがN°5イメージかもしれません。
2020.05.20
タイトルとURLをコピーしました