究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

各ブランド聖典

ゲラン

【ゲラン】シャマード(ジャン=ポール・ゲラン)

1962年に四代目ゲラン調香師として20代半ばにして「シャンダローム」を発表したジャン=ポール・ゲラン。フランソワーズ・サガンが、1965年に発表した『熱い恋』からイメージを膨らませ、1969年に、彼によって生み出されたのが「シャマード」です。
各ブランド聖典

【ペンハリガン香水聖典】華麗なる英国文化の香り

1870年に、英国・ロンドンで、ハマム(ヴィクトリア時代に流行したトルコ式公衆浴場)専属の理髪師だったウィリアム・ペンハリガンにより創業された「ペンハリガン」。その2年後にハマムをテーマにした「ハマンブーケ」を生み出し、31年後には、英国王室御用達にまでなります。
各ブランド聖典

【セルジュ ルタンス香水聖典】悪魔と天使が恋に堕ちる香り

資生堂にて「ノンブル ノワール」という歴史的名香を創造したセルジュ・ルタンスが、1992年にパレ・ロワイヤルにサロンをオープンし、「フェミニテデュボワ」を創造したことから、ニッチ・フレグランスの歴史ははじまりました。
各ブランド聖典

【フレデリック マル香水聖典】美を極めし、アンバランスで危険な香り

「エディション ドゥ パルファム(香りの出版社)」という精神が掲げられた、このブランドは2000年6月6日に設立される。調香師の名前が本の作者のようにパッケージとボトルに記載される斬新なスタイルで、ニッチ・フレグランス・ブームの立役者となる。
各ブランド聖典

【ラルチザン香水聖典】1978年、フランス香水革命勃発

世界ではじめてのニッチ・フレグランス・ブランドとして、1976年にジャン・ラポルトにより創業される。ジャン=クロード・エレナの協力の下で、「ミュール エ ムスク」など7つの香りが、1978年に発売された。1990年代から2000年代にかけてオリヴィア・ジャコベッティとベルトラン・ドゥショフールの2トップ体制が築かれる。
各ブランド聖典

【ディオール香水聖典】フレグランス帝国の華麗なる伝説

クリスチャン・ディオールが1947年にメゾンを創業した時に、「ミス ディオール」を発表し、1956年、「ディオリシモ」によるスズラン革命。1966年、「オー ソバージュ」によるヘディオン革命。そして、1985年、「プワゾン」による毒リンゴ革命により、毒をもって世界を制する。
各ブランド聖典

【キリアン香水聖典】グラマラスな『魔性の女』へのパスポート

2007年にキリアン・ヘネシーにより創業されました。ギリシア神話を反映させた魅力的なボトル・デザインと、悪魔のように美しい香水のネーミング・センス、そして、カリス・ベッカーを中心とするグラマラスな調香により、一躍世界的なトレンド・フレグランスになる。
各ブランド聖典

【シャネル香水聖典】嘘をつく香り。嘘が真実になる香り

シャネル Chanel シャネルの香りには、二人の女性像が投影されている。ひとりはガブリエル・ココ・シャネル。そして、もうひとりはマリリン・モンロー。20世紀を代表する女性の憧れの存在であり、21世紀に至っては、女神の如く奉られているこの...
各ブランド聖典

【ブルガリ香水聖典】香りのローマ帝国。すべての道はローマに通ず

ブルガリ Bvlgari ギリシアの小さな村に生まれた銀細工師の息子ソティリオ・ブルガリ。20代の時に、イタリアに渡り、1884年、ローマに高級宝飾店を創業したのがブルガリのはじまりとなる。1940年代に蛇の頭部をアイコンにしたセルペンテ...
各ブランド聖典

【ルイ ヴィトン香水聖典】世界を虜にするラグジュアリー王国

2016年9月15日に、日本では、表参道店、松屋銀座店、阪急梅田店においてルイ・ヴィトン初のフレグランス「レ パルファン ルイ ヴィトン」が発売されることになりました。それはまさに約70年ぶりのルイ・ヴィトンのフレグランス発売の瞬間でした。
各ブランド聖典

【ジミー チュウ香水聖典】美しい脚の誘惑、美しい香りの幻惑

ジミー・チュウ Jimmy Choo 20世紀末ダイアナ元皇太子妃をはじめとする英国セレブたちが、一人の東洋人男性が作る〝魔法の靴〟に夢中になった。その男の名をジミー・チュウ(1954-)と呼ぶ。そして、1996年に、ヴォーグUKの編集者...
各ブランド聖典

【ジョー マローン香水聖典】誰からも愛される女性の共通点

ロンドンの中流階級の主婦であり、プロのフェイシャリストであるジョー・マローンが、顧客へのプレゼントとして、〝相反する素材を合わせるとどんな香り〟になるのだろうか?という発想により生み出したナツメグ&ジンジャー・バスオイルが、ブランド創設のきっかけになる。
各ブランド聖典

【エルメス香水聖典】ケリーとバーキン、華麗なる一族の香り

2003年に、ジャン=クロード・エレナが調香した「地中海の庭」が誕生する。2004年エレナがエルメスの専属調香師に就任し、「庭園のフレグランス」「コロン エルメス」「エルメッセンス」といった人気コレクションを定着させた。2014年には、エルメスの2代目専属調香師にクリスティーヌ・ナジェルが就任。
各ブランド聖典

【トム フォード香水聖典】愛と裏切りの香りの黄金郷<エルドラド>

トム・フォードは、グッチ時代のCEOだったドメニコ・デ・ソーレと共に2005年トム・フォードを設立。2006年、トム・フォード初のフレグランスである「ブラック オーキッド」を発売。そして、香水という分野においても『トム・フォード帝国』を築き上げる。
各ブランド聖典

【メゾン フランシス クルジャン香水聖典】香りの妖精の大合唱

1995年にジャン=ポール・ゴルチエの「ル マル」でセンセーショナルなデビューを果たし、今では5本の指に入ると言われている調香師フランシス・クルジャン(1969-)が、2009年にパリでオープンしたメゾン。それが「メゾン・フランシス・クルジャン」です。
各ブランド聖典

【クリスチャン ルブタン香水聖典】香りの赤の革命

靴の裏に赤いペインティングが施されたシューズが広まるきっかけを作った男クリスチャン・ルブタン。そんな彼が、その「赤の革命」をフレグランス業界にまで波及させようと目論んだのが、2016年9月に発表された「クリスチャン ルブタン コレクション」である。
タイトルとURLをコピーしました