究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

2016年

その他

【エタ リーブル ド オランジェ】イエス アイ ドゥー 甘い謎(アントワーヌ・メゾンデュ)

2006年に創設されたニッチ・フレグランス・ブランド「エタ リーブル ド オランジェ」が翌年に発表したスズランの香り「ドント ゲット ミー ロング ベイビー」は、アントワーヌ・メゾンデュにより調香されました。
2020.08.18
アルベルト・モリヤス

【ロジェ ガレ】ジンジャー ルージュ オーデパルファム(アルベルト・モリヤス)

2年前に発売された「ジンジャー ルージュ パフューム ウォーター」をより華やかにした香りです。ジャンジャーの三つの側面をピラミッド構造に散りばめた香りです。オリジナルと同じくアルベルト・モリヤスとアマンディーヌ・マリーにより調香されました。
2020.08.01
ゲラン

【ゲラン】ゲラン オム オーデパルファン(ティエリー・ワッサー)

ゲランのパルファム部門のクリエイティヴ・ディレクターだったシルヴェーヌ・ドゥラクルトにより、2008年に、創業180周年を記念し「ゲラン オム オーデトワレ」が生み出されました。そして、その一年後の2009年にオード・パルファム版として発表されたのが「ゲラン オム インテンス」でした。
2020.09.21
スポンサーリンク
その他

【ペンハリガン】ルナ(ペンハリガン)

2016年に「エンディミオン コンサントレ」と共にペアフレグランスとして発売されたこの香りは、ユニセックス・フレグランスです。つまり、女性が身にまとうと月の女神の香りとなり、男性が身にまとうと月の女神に愛された美青年の香りとなります。
2020.10.02
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ヴェユールドゥニュイ(クリストファー・シェルドレイク)

セルジュ・ルタンスの最高級コレクション「セクションドール」から2016年に発表された「ヴェユールドゥニュイ」とはフランス語で「夜警」を意味します。真のパリの高級ショコラの香りとも言えるこの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
2020.04.17
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】バテムデュフー(炎の洗礼)(クリストファー・シェルドレイク)

セルジュ・ルタンスの「コレクションノワール」より、2016年に発売されたオリエンタル・パウダリーな香りです。クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。この香りは、あなたを貫く銃弾の香りなのです。
2020.08.19
ドミニク・ロピオン

【フレデリック マル】スーパースティシャス(ドミニク・ロピオン)

2001年にランバンのアーティスティック・ディレクターに就任し、世界中に「ランバン旋風」を巻き起こしたアルベール・エルバスのために、ドミニク・ロピオンとカルロス・ベナイムにフレデリック・マルは頼み込み、生み出された二つの試作品からこの香りの物語ははじまります。
2020.04.08
その他

【ラルチザン】ビュコリック ド プロヴァンス(ファブリス・ペルグラン)

新生ラルチザンが打ち出した新コレクション「レ ペイザージュ」より、プロヴァンス地方のグラースを象徴するラベンダー畑の香りと、伝統的な革職人のレザーの香りをブレンドした香りは、ファブリス・ペルグランによって調香されました。
2020.10.28
その他

【オルファクティヴ ストゥディオ】クローズ アップ(アニック・メナード)

「アニマル・アイズ」シリーズでも有名なアルメニアの写真家スレン・マンベリヤン(1976-)の写真(目の虹彩のクローズアップの写真)から着想を得たアニマリック・オリエンタルの香りは、アニック・メナードにより調香されました。
2020.04.20
その他

【クリスチャン ルブタン】トラブルインヘヴン(ピエール・ネグリン)

クリスチャン・ルブタンが、2016年9月1日に満を持して発売した「クリスチャン ルブタン コレクション」。そのうちの一本である「トラブルインヘヴン」は、アイリスの二面性と、スティレットヒールのイメージを薔薇のトゲに投影した香りとして、ピエール・ネグリンにより調香されました。
2020.11.17
オリヴィエ・クレスプ

【クリスチャン ルブタン】トルネードブロンド(オリヴィエ・クレスプ)

クリスチャン・ルブタンが、2016年9月1日に満を持して発売した「クリスチャン ルブタン コレクション」。そのうちの一本である「トルネードブロンド」は、オリヴィエ・クレスプにより調香されたフローラルの香りです。
2020.11.17
その他

【クリスチャン ルブタン】ビキニケスタセラ(ピエール・ネグリン)

フレデリック・マルの大親友であり、自身もフレグランス愛好家であるクリスチャン・ルブタンが、2016年9月1日に満を持して発売した「クリスチャン ルブタン コレクション」。「ビキニケスタセラ」は、ピエール・ネグリンにより調香されたフローラル・スパイシーの香りです。
2020.11.17
オリヴィエ・クレスプ

【ペンハリガン】エキノックス ブルーム(オリヴィエ・クレスプ)

2016年に生み出されたペンハリガン史上初のグルマン・ノートです。そして、その調香を手がけたのは、1992年にティエリー・ミュグレーの『エンジェル』により、史上初のグルマン・ノートを生み出したオリヴィエ・クレスプでした。
2020.09.17
カリス・ベッカー

【キリアン】ノワール アフロディジアック(カリス・ベッカー)

パリのマレ地区のテュレンヌ通りにあるショコラティエ「ジャック・ジュナン」とコラボし、カリス・ベッカーにより生み出されたのが、2015年にオープンした「パリ・ブティック」限定のこの香りです。
2020.11.29
その他

【ペンハリガン】マッチ アド アバウト ザ デューク(お騒がせネルソン公爵)(ダフネ・ブジェ)

2016年11月ペンハリガンより、コレクション<ポートレート>が発売されました。その中の一つ「お騒がせネルソン公爵」は、ジントニックに浸されたターキッシュ・ローズと、ウッディーレザーがブレンドされた華やかな香りです。ダフネ・ブジェによって調香されました。
2020.09.17
その他

【ペンハリガン】ザ コヴェテッド デュシェス ローズ(誰からも愛されるローズ公爵夫人)(クリストフ・レイノー)

2016年11月、ペンハリガンよりイギリスの上流階級の秘密を表現したコレクション<ポートレート>が発売されました。その中の一つ「誰からも愛されるローズ公爵夫人」は、誰かに摘み取られることを夢見るローズの香りです。クリストフ・レイノーにより調香されました。
2020.09.17
その他

【ペンハリガン】ザ リベンジ オブ レディ ブランシュ(ブランシュ夫人の復讐)(ダフネ・ブジェ)

2016年11月ペンハリガンより、イギリスの上流階級の秘密を表現したコレクション<ポートレート>が発売されました。軽やかなスイセンとひんやりとしたヒヤシンスがパウダリーなアイリスと絡み合う「ブランシュ夫人の復讐」は、ダフネ・ブジェによって調香されました。
2020.04.30
クリスチャン・ディオール

【ディオール】ラ コル ノワール(フランソワ・ドゥマシー)

ディオールの最上級フレグランスコレクション「メゾン クリスチャン ディオール」の中のひとつとして、クリスチャン・ディオール自身が最も愛した花ローズ・ドゥ・メを主題にしたこの香りは、ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーにより調香されました。
2020.11.09
その他

【ペンハリガン】エンディミオン コンサントレ(ペンハリガン)

2003年に発売された「エンディミオン コロン」のギリシア神話風メンズ・フレグランスの世界観をより濃厚にしたオード・パルファム版です。コロンより存在感を増したレザーノートが特徴的です。
2020.09.17
カリス・ベッカー

【キリアン】ムーンライト イン ヘブン(カリス・ベッカー)

「楽園へと導く月明かり」という名のこの香りは、フレッシュ・マンゴなグルマンで、ハネムーンをテーマに作られた香りでもあります。それはカリス・ベッカーによる調香です。フレグランス史上はじめて、不幸を香りにしたフレグランス。この香りは、あなたを必ず不幸にしてくれます。
2020.11.29
タイトルとURLをコピーしました