究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

2014年

アクア・ディ・パルマ

【アクア ディ パルマ】ローザ ノービレ(フランソワ・ドゥマシー)

何百年も前に作られたイタリア庭園の一角に咲き誇るローズガーデンのピンク色のピュアローズをイメージした香りです。ローズも含め、すべてイタリアで産出された素材を香料として使用しています。2014年にディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーにより調香されました。
2020.09.09
アクア・ディ・パルマ

【アクア ディ パルマ】コロニア レザー(フランソワ・ドゥマシー)

トスカーナのなめし革工場で、革製品を作る工程からヒントを得て生まれた香りです。2014年にディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーにより調香されました。トム・フォードの「タスカン レザー」に匹敵するレザー・フレグランスの隠れた名香です。
2020.06.20
ブランド

【ペンハリガン】ロタール(ベルトラン・ドゥショフール)

「トレードルート コレクション」が2014年に発売されました。その3種類(現在は6種類発売)のうちのひとつが、「ロタール」です。その名の意味は「紅茶を運ぶ快速帆船=ティークリッパー」です。アロマティック・スパイシーな香りはベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。
2020.09.17
スポンサーリンク
ブランド

【ペンハリガン】ティラララ(ベルトラン・ドゥショフール)

2015年に休止したファッションブランド「ミーダム カーチョフ」とペンハリガンがコラボしたフレグランスです。その断末魔の叫びとも言えるこの香りは、鬼才ベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。
2020.04.28
その他

【ペンハリガン】エンプレッサ(クリスチャン・プロヴェンザーノ)

「トレードルート コレクション」が2014年に発売されました。その3種類のうちのひとつが、「エンプレッサ」です。その名の意味は「女帝」です。シャネルの「ココ マドモワゼル」の影響を多大に受けた香りです。クリスチャン・プロヴェンザーノによる調香です。
2020.09.17
その他

【ペンハリガン】バイオリア(マイク・パロット)

2014年にペンハリガンが発売した、ブランド初となるスキンケアアイテムを含むメンズグルーミングコレクション「バイオリア」。それは1870年にブランド創始者ウィリアム・ペンハリガンが自身の理髪店で展開していた香りを、現代風に再現したアロマティックな香りです。
2020.05.20
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ランソンディエール(クリストファー・シェルドレイク)

2014年に生み出された「ランソンディエール」とは、フランス語で「放火魔、焼夷弾」の意味です。この最高級コレクションのファースト・フレグランスとして発売されました。スモーキーなウードの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
2020.04.17
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】レーヌドゥヴェール(クリストファー・シェルドレイク)

セルジュ・ルタンスの中で最も安い価格帯のエントリー・ラインが「ルタンスの水(ロー)」シリーズです。その第三章として2014年に発売されたのが「レーヌドゥヴェール(ガラスのウール)」です。この香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
2020.08.19
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ロルフェリン(灰の乙女)(クリストファー・シェルドレイク)

2018年3月21日に「ブラック&ベージュ コレクション」が「コレクション ノワール」に変更され、2014年に生み出された「ロルフェリン」も、このコレクションに組み込まれました。この男性的な香料でのみ生み出された女性の香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
2020.09.17
エルメス

【エルメス】テール ドゥ エルメス オー トレ フレッシュ(ジャン=クロード・エレナ)

「オー トレ フレッシュ」とは、大地からほとばしる「とてもフレッシュな水」の意味です。『テール ドゥ エルメス』をさらに瑞々しくしたビターオレンジの香りはオリジナルと同じくジャン=クロード・エレナにより調香されました。
2020.08.13
その他

【フレデリック マル】オー ドゥ マグノリア(カルロス・ベナイム)

「マグノリアの水」という名のこの香りは、史上初めてのマグノリアのオーデコロです。それは、2014年にIFFのカルロス・ベナイムにより調香されました。マグノリアが開花する時の香りの変化を、オーデコロンにしたものでした。
2020.09.13
ブランド

【ラルチザン】ラペル トワ(ベルトラン・ドゥショフール)

2013年に、ラルチザンが展開した最上級フレグランス・ライン「エクスプロージョン オブ エモーション」の第二弾の3作品のうちのひとつです。。その名の意味は「忘れないで」です。フローラル・スパイシー・ウッディ香りは、ベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。
2020.07.05
ブランド

【ラルチザン】オンド ソンシュエル(ベルトラン・ドゥショフール)

2013年に、ラルチザンが展開した最上級フレグランス・ライン「エクスプロージョン オブ エモーション」の第二弾の3作品のうちのひとつです。その名の意味は「官能的な波、情熱を乗せてやってくる波」です。ベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。
2020.04.26
ブランド

【ラルチザン】オート ヴォルティージュ(ベルトラン・ドゥショフール)

2013年に、ラルチザンが展開した最上級フレグランス・ライン「エクスプロージョン オブ エモーション」の第二弾の3作品のうちのひとつです。その名の意味は「最高の飛行技術、高度なアクロバット」です。ベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。
2020.07.05
エルメス

【エルメス】ジュール ドゥ エルメス アプソリュ(ジャン=クロード・エレナ)

「ジュール ドゥ エルメス」の翌年に発売された「その後のエルメス」です。ガーデニアとアプリコットの絶妙なバトンタッチが、甘さに華やかさを伴わせています。エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナによる調香です。
2020.05.18
その他

【キリアン】スモーク フォー ザ ソウル(ファブリス・ペルグラン)

キリアンのコレクション「アディクティブ ステイト オブ マインド —嗅覚への依存、日常からのエスケープ—」の一つとして2014年に発売された香りの名は「魂のためのスモーク(煙)」です。ファブリス・ペルグランにより調香されました。
2020.06.28
その他

【キリアン】ライト マイ ファイヤー(シドニー・ランセスール)

「アディクティブ ステイト オブ マインド —嗅覚への依存、日常からのエスケープ—」の一つとして2014年に発売されました。キューバ・ハバナ産の葉巻ブランド「モンテクリスト」の最上級の葉巻を連想させる香りは、シドニー・ランセスールにより調香されました。
2020.04.02
エルメス

【エルメス】ローズ アマゾン(ジャン=クロード・エレナ)

1974年に発売され、1989年に再調香され、現在も販売中の「アマゾン」を21世紀風にアレンジしたのが「ローズ アマゾン」です。フルーティー・フローラルの香りは、2014年にジャン=クロード・エレナにより調香されました。
2020.04.11
その他

【キャシャレル】アナイス アナイス プルミエ デリス(オリヴィエ・クレスプ/ドラ・バクリッシュ・アルノ)

1978年に発売された「アナイス アナイス」は、フランス国内にセンセーションを巻き起こしたフレグランスでした。フルーティー・フローラル・グルマンの香りは、オリヴィエ・クレスプとドラ・バクリッシュ・アルノによって調香されました。
2020.08.28
カリス・ベッカー

【キリアン】インペリアル ティー(カリス・ベッカー)

中国の歴代皇帝に献上された最上級茶をイメージに作り上げられた「インペリアル ティー」は、「アジアン テイルズ —瞑想のような、東洋へのボヤージュ—」コレクションの一つとして2014年に発売されました。カリス・ベッカーによる調香です。
2020.06.28
タイトルとURLをコピーしました