究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

2012年

ゲラン

【ゲラン】ミール エ デリール(ティエリー・ワッサー)

「ラール エ ラ マティエール(芸術と貴重なる生の素材)」コレクションの第九弾として、2012年に発売された「ミール エ デリール」は、ミルラを主題にしたオリエンタル・ウッディの香りです。五代目ゲラン専属調香師ティエリー・ワッサーにより調香されました。
アクア・ディ・パルマ

【アクア ディ パルマ】コロニア ウード(フランソワ・ドゥマシー)

アクア・ディ・パルマならではの、柑橘系とウードのブレンドという、非常に珍しいイタリアと中東が融合された香りです。2012年にディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】サンタルマジュスキュル(夢物語のサンダルウッド)(クリストファー・シェルドレイク)

千夜一夜物語の香り(直訳すれば「大文字のサンダルウッド」)。セルジュ・ルタンスがイメージしたこの香りは、「のび太」の香りだった。オリエンタル・ウッディな香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
スポンサーリンク
ブランド

【ラルチザン】セヴィーヤ ローブ(セヴィリアの夜明け)(ベルトラン・ドゥショフール)

「セヴィーヤ ローブ」という香りが珍しいのは、フレグランス・ブロガーのデニス・ボリューの過去の恋愛の物語を口頭で聞いた調香師ベルトラン・ドゥショフールが、その物語にインスパイアーされ調香する過程も描かれている点にあります。
その他

【ヴァレンティノ】ヴァレンティナ アブソリュート(オリヴィエ・クレスプ)

「ヴァレンティナ」シリーズの第二弾として2012年に発売されたのが、「ヴァレンティナ アブソリュート」です。(背中のラインで)男性を誘惑する大人のオンナをイメージしたフルーティ・フローリエンタルの香りは、オリヴィエ・クレスプにより調香されました。
オリヴィエ・クレスプ

【ペンハリガン】ピオニーヴ(オリヴィエ・クレスプ)

英国庭園に美しく咲き誇るピオニーからインスピレーションを受けた香りです。天然香料を抽出することが出来ないピオニーの香りを、ほんのりと甘めに再現しています。オリヴィエ・クレスプにより調香されました。
シャネル

【シャネル】ココ ヌワール(ジャック・ポルジュ)

「ココ」シリーズのブラック・ヴァージョン。ココ・シャネルが1926年に発表したリトル・ブラック・ドレスは、黒を喪服のイメージから、女性のエレガンスへと昇華させました。そんな黒いドレスの女の魔性を香りに体現したのが「ココ ヌワール」です。ジャック・ポルジュが調香しました。
ゲラン

【ゲラン】ラ プティット ローブ ノワール オーデパルファン(ティエリー・ワッサー)

2012年に、ゲランがリトル・ブラック・ドレスを愛する20代の女性のために生み出した「ラ プティット ローブ ノワール」シリーズの記念すべきファースト・フレグランス。フルーティフローラルの香りは、ゲランの五代目専属調香師ティエリー・ワッサーにより調香されました。
ゲラン

【ゲラン】アクア アレゴリア リス ソレイヤ(ティエリー・ワッサー)

1999年に誕生した『アクア・アレゴリア』シリーズ。「リス ソレイヤ」はその第十三弾として2012年に発売されました。地球上に存在するリリー・フレグランスの集大成とも言われるこの香りは、ゲランの五代目専属調香師ティエリー・ワッサーによる調香です。
その他

【ア ラボ オン ファイヤー】スイートドリーム2003(ティエリー・ワッサー)

カルロス・クスバヤシという元エス・パフュームのスタッフが立ち上げたニッチ・フレグランス・ブランド「ア・ラボ・オン・ファイヤー」が2012年に発表した「スイートドリーム2003」は、ティエリー・ワッサーが2003年に書き留めた調香処方を元に生み出された香りです。
フランシス・クルジャン

【メゾン フランシス クルジャン】アミリス ファム(フランシス・クルジャン)

最初に、「アミリス ファム」と「アミリス オム」は、メゾン・フランシス・クルジャンを代表する香りのひとつです。2012年に発売されたこの香りは、「アミリス オム」とのペア・フレグランスであり、フランシス・クルジャンにより調香されました。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】ウード イスパハン(フランソワ・ドゥマシー)

フレグランスコレクション「メゾン クリスチャン ディオール」のひとつとして、オリエンタル・フローラルのこの香り「ウード イスパハン」は、ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーにより調香されました。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】ミス ディオール(2012)(フランソワ・ドゥマシー)

ミス ディオール オードゥ パルファンという名のフレグランスは、3種類存在します。1947年版(オリジナル)と、この2012年版、そして、最新の2017年版です。フルーティーな甘さが抑えられたシプレー系の香りはフランソワ・ドゥマシーによる調香です。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】グラン バル(フランソワ・ドゥマシー)

2012年に発売された「グラン バル」は、新たなるフレグランスコレクション「メゾン クリスチャン ディオール」のひとつとして、リニューアルされました。フローラル・ウッディ・ムスクの香りは、フランソワ・ドゥマシーによって調香されました。
カリス・ベッカー

【キリアン】フォービドゥン ゲームズ(カリス・ベッカー)

コレクション「イン ザ ガーデン オブ グッド アンド イーブル —エデンの園で紡がれるアダムとイブの物語— 」からの一品であり、「禁じられた遊び」という名の香りです。フローラル・フルーティ・グルマンの香りは、カリス・ベッカーによる調香です。
カリス・ベッカー

【キリアン】バンブー ハーモニー(カリス・ベッカー)

平安時代の初期に誕生しただろうということ以外は、作者も謎である日本最古の物語『竹取物語』のかぐや姫をイメージに作り上げられた「バンブー ハーモニー」は、元祖「ジャドール」を創造したカリス・ベッカーによる調香です。
アルベルト・モリヤス

【キリアン】グッド ガール ゴーン バッド(アルベルト・モリヤス)

ホワイト・コレクション「イン ザ ガーデン オブ グッド アンド イーブル —エデンの園で紡がれるアダムとイブの物語— 」からの一品であり、このような魔性の香りを調香出来る人は、世界中においてアルベルト・モリヤスをおいて他にいません。
その他

【ヴィクター&ロルフ】スパイスボム(オリヴィエ・ポルジュ)

「フラワーボム」の男性版として2012年に発売されたヴィクター&ロルフの第二弾メンズ・フレグランス。スパイシー・ウッディの香りは、オリヴィエ・ポルジュによる調香です。父親のジャック・ポルジュが調香したシャネルの「エゴイスト」と、多くの類似点を持つ香り。
アン・フリッポ

【イヴ サンローラン】マニフェスト(アン・フリッポ/ロク・ドン)

2012年8月にローンチされた、イヴ・サンローランの女性用シグネチャー・フレグランスの新作「マニフェスト」。ゴージャスでグラマラスな甘さのジャスミンバニラが誘惑するようなフローラル・オリエンタルの香りは、アン・フリッポとロク・ドンによる調香です
その他

【トム フォード】トム フォード ノワール(オリビエ・ギロティン)

トム・フォードの第三のメンズ・フレグランス(「トム フォード フォーメン」(2007)「グレイ ベチバー」(2009)に次ぐ)。この香りは、トム・フォード自身が、「私のもっともパーソナルなフレグランスだ」と言及しています。オリビエ・ギロティンによって調香されました。
タイトルとURLをコピーしました